りんご詩姫のブログ(新)

ringouta.exblog.jp

2013年4月開設『りんご詩姫のブログ(新)』‥‥文芸川柳、フラメンコ、ボイストレーニング、パン教室、グルメ等々、趣味に生きる元気印「りんご詩姫」の〈気まぐれブログ〉。小さなスナックのママです。よろしく♡♡

第43回南日本女流川柳大会

2月8日(日)、鹿児島市勤労者交流センター(ダイエー中央駅前店7階)にて『第43回南日本女流川柳大会』が開催。
e0322827_40886.jpg

鹿児島、宮崎、佐賀、福岡から、総勢42名の女流川柳作家たちが集まった。
宮崎県から8名(みずほ、敬女、弓、まりん、まゆみ。今回初は、ほたか、えり、佑歌)が参加。

e0322827_4315090.jpg

午前10時開場。11時10分の投句締め切り後、久保ケセラセラさん司会によるレクレーション。なぞなぞ等で盛り上がった。

e0322827_41082.jpg

お弁当は、彩りも綺麗で美味しかった。石神紅雀さん(鹿児島県川柳協会会長)手作りの金柑煮が配られ、佐賀組からは塩海苔もいただいた。

昼食のあとは、いよいよ披講。
各題ごとに、特選1句、準特選1句、佳作3句、平入選43句、軸吟(選者吟)1句の《計49句》が発表。

※初恋賞(平入選第1句目)と止句賞(平入選最後の句)には、南日本新聞社提供の大学ノートが配布された。


~課題と選者~(各題2句ずつ投句)

「ぱらぱら」亀之園憲子(鹿児島)
「陽だまり」平瀬芙蓉(鹿児島)
「リーダー」大窪りんず(鹿児島)
「遠い日」春田あけみ(入来)
「味」外園ピアノ(入来)


〈特別課題〉
「揺れる」中武 弓(宮崎)

e0322827_5264936.jpg

e0322827_527299.jpg

e0322827_5271966.jpg

e0322827_5273189.jpg

e0322827_5274627.jpg

e0322827_42663.jpg

選者デビューの中武弓さん、初めてとは思えない落ち着いた披講ぶりに拍手。

~大会成績~
(特別課題「揺れる」を除いた入選句の総合点。1句1点。同点の場合、特選、準特選、佳作等の入選内容で決定)

★1位・上野豊楽(鹿児島)…10点
★2位・春田あけみ(入来)…9点
★3位・川崎敬女(宮崎)…9点
★4位・石神紅雀(入来)…9点

(以上の4位までが入賞者)

☆5位・西ほたか(宮崎)…8点
☆6位・亀之園憲子(鹿児島)…8点
☆7位・主税みずほ(都城)…8点
☆8位・さわだまゆみ(宮崎)…8点

☆9位~11位・桜木えり(宮崎)、真島久美子(佐賀)、平中小紅(鹿児島)…8点

e0322827_4251378.jpg


e0322827_4252850.jpg

e0322827_4253883.jpg


~宮崎組・入選句紹介~
(*印は特別課題のため加点なし)

▼川崎 敬女
自分史にぱらぱら置いたいい男
ぱらぱらの拍手に耐える芸の幅
陽だまりにまどろむ母の丸い背
陽だまりに柵溶けて明日を編む
九回裏リーダーの檄飛んでくる
輝いた過去の微罪は語らない
認知の母と昔々を埋めている(佳1)
倒産のどん底舐めて這い上がる(佳2)
天国も地獄もみせる蜜の味
*九条の森で揺れてる平和主義

▼西 ほたか
陽だまりの無口なバラはまだ蕾
陽だまりに猫とじゃれつつ帽子編む
ベンツとは名前負けしたボスの猿
シンフォニー指揮棒だけで音変える
遠い日の耳を澄ませば神楽笛
貧しさの中にはずんだ手まり歌(準特)
うす味に飽き黒豚の角煮食う
黄色いハンカチ演技ではない人間味
*揺れつつもバランスをとる冬の蝶
*好きだよと言わずに揺らすラブレター

▼主税みずほ
未来からぱらぱら降って来た介護
ぱらぱらと謀叛の雨が傘たたく
陽だまりに夢もロマンも大欠伸
リーダーの背を横切る風の乱
リーダーは格差社会を見ないふり(佳1)
遠い日のカラフルだった街の風
バリケードはずしおんなの時が逝く
持ち味にレモンの黄色匂いたつ
*銃口が風に揺れてるいのち抱く
*ヌーボーの女が揺れたウイスキー

▼さわだまゆみ
ぱらぱらの拍手に凹むご栄転
失恋の肩にやさしい春の雨
陽だまりでゆっくり解けてゆくパズル
リーダーの胸の薔薇から湧く勇気(佳2)
かたぐるま父にねだった祭り笛
押し花へ甘い記憶の日記帳
星三つ母のガメ煮と油味噌
味覚オンチの男を棄てるふきのとう
*元彼の出世に揺れるアイライン

▼桜木 えり
お色気をぱらぱらまいて花名刺
ぱらぱらの雨さえ急かす初デート
陽だまりより居心地のいい君の横
リーダーを譲る背中へ老いの意地
風が変わる時代が変える若き獅子(初恋賞)
父の背でゆらり夢見た茜雲
夕焼けと遊んだ遠い日の記憶
賞味期限とっくに切れて共白髪
*再会へ鼓動で揺れるペンダント
*高く高くブランコ揺れて鳥になる

▼平田まりん
日記帳母の足跡拾い読み(佳1)
陽だまりを集めて折った千羽鶴(初恋賞)
リーダーは鞘に収まる暇がない
先頭で旗振る背の逞しさ
ちゃぶ台が語る家族の遠い日々
父の年越してしまった砂時計(止句賞)
持ち味を生かして渡る浮世橋
*加齢かなぁ記憶の箱が揺れだした
*逢いたいのメールに揺れる万華鏡

▼中武 弓
五線譜をかすかにめくる春の風
ぽかぽかと私の棘が溶けてゆく
リーダーがゆっくり浸る仕舞風呂
リーダーの外れた歌で丸くなる
春雷へ吐息はピンク色のまま
反抗期母の両手が泣いていた
ひとり旅薩摩切子で飲むワイン (初恋賞)
*吊り橋の真ん中辺で聴くショパン(軸吟)

▼大坪 佑歌
ぱらぱらと盗み読みする春の風
花散らし不機嫌な雨ぱらぱらと
陽だまりの孫はままごと花むしろ
陽だまりで積もる話の老いふたり
いかしてる彼はリーダーはまり役
*回顧録友のおさげの揺れた頃


各課題の特選+準特選の中からの《大会句》には、上野豊楽さんの「陽だまりが欲しいね北の雪つづき」が選ばれた。
豊楽さんは、南日本女流川柳大会の創始者。ご高齢を感じさせない見事な成績で、さすがの貫禄。

おめでとうございました!!

(*´∀`)♪


宮崎組は、みんな成績が良くて、鼻が高かった。
帰りのJRの中も、女子会のノリで賑やかで楽しかった。

歴史ある元祖「女流川柳大会」………来年は、50名以上の参加者が集まることを願いたい。


※下記、石神紅雀さんのブログ《紅雀川柳ブログ》には、各題の特選・準特選がアップ。
↓↓↓↓↓

http://synjyoko.exblog.jp/


※お知らせ
大阪の『川柳番傘3月号』に「第43回南日本女流川柳大会」の記事が掲載されることになりました。
菱木誠さん、ありがとうございます。



(*´∀`)ノ

]
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


[PR]
Commented by めぐみ at 2015-02-12 09:11 x
りんごさん、おはようございます。
楽しい大会で良かったですね。バスの旅にお弁当に・・・遠足みたいです。それにお土産もたくさんあるのですね。充実の一日で何よりでした。
朝早いゴミ捨てが寒いので、イヤーマフラー(つまりは耳当て)というものを使ってみたら暖かいこと!フリースのネックウォーマーとマスクでしっかり不審者です(@@)もしまだでしたらどうぞお試し下さいね。
Commented by senryu-dandy at 2015-02-12 09:17
おはようございます。
宮崎の淑女の皆さん、大活躍おめでとうございます。
紳士の皆さんも頑張らないと・・・ですね。
それにしても、弁当の美味しそうな事!!
良かったですね。(=^・・^=)
Commented by ringo-utahime at 2015-02-12 09:36
めぐみさん、おはようございます。コメントありがとうございます。

宮崎組、大半はJRで行きました。「特急きりしま」は片道約2時間なので、ちょうど良い距離なんです。
今回初めて、お昼のお弁当を用意していただいた(これまでは各々で購入か外食)のですが、豪華で嬉しく、完食でした。

みんなで持ち寄ったいろいろな品を、じゃんけん大会でゲットするのも楽しかったです。

いつか、めぐみさんにも参加していただきたい大会です。

(*^-^*)
Commented by ringo-utahime at 2015-02-12 09:40
博之さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

宮崎組が、みんな好成績だったから、ルンルンで帰りましたよ。
敬女さんが3位入賞してくださって、良かったです。
来年は、ぜひ宮崎組から優勝者を出したいものです。

( v^-゜)♪
Commented by h82261765 at 2015-02-12 09:49
女流大会お疲れさまでした。
宮崎の皆さんのおかげで鹿児島の女性柳人たちが輝いてきています。頼もしい限りです。
男はだらしないですけどね。
Commented by ringo-utahime at 2015-02-12 10:03
清展さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

紅雀さんをリーダーに、鹿児島の女流川柳作家の皆さんたちは、パワフルにご活躍で羨ましい限りです。

11月の国文祭に向けて、ますます一致団結して気張っていただきたいです。

p(^-^)q
Commented by チェリー at 2015-02-12 10:16 x
おはようございます。
女流大会のブログ更新、お疲れさまでした。
初めての参加でハプニングもありましたが、鹿児島の皆さんの暖かい歓迎で和み、いただいた花も元気に咲いて心に残る大会でした。
皆さんの句を改めて見ると、やはり感動します。私も次に向けて頑張ります。
Commented by ringo-utahime at 2015-02-12 10:35
チェリーさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

後からのハプニングで、なかなかブログアップができない状態でした。
紅雀さんたちには、今回の反省点を今秋の国文祭に活かしていただきたいものですね。

日帰り遠足みたいで、楽しい一日でした。
チェリーさん、プリメラの花がいっぱい咲いたら、ブログにアップしてね。

(*^-^*)
Commented by synjyoko at 2015-02-12 14:47
りんごちゃん、ありがとうございました。
ブログアップ、さすがお上手ですね。

宮崎をはじめ、たくさんの皆さんに来てい頂いて、盛り上げていただきました。感謝感謝です。

この女流大会、一時は廃止の危機もあったのですが、皆様のおかげでこんなに盛り返していることは、嬉しい限りです。

何かをするたびに反省点が山盛りで潰れそうになりますが、糧として今後に生かしていきます。

多くの場面で助けていただき、りんごちゃんには感謝してもしきれません。番傘誌のこともありがとうございました。
Commented by ringo-utahime at 2015-02-12 15:01
紅雀さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

南日本女流川柳大会、お疲れ様でした。お世話になりました。ありがとうございます。年々活気が出てきて、凄いです。
いつも「鹿児島の女流川柳作家たちは、パワフルで素晴らしいね」と敬女さんたちと話しています。

一時は廃止される危機だったんだもんね。すっかり忘れてました。(笑)

今後は、50名以上の参加者に増えることは勿論、九州以外の女流川柳作家をも集まる大会にしたいね。
夢は大きく持ちましょう!!
応援しますからね。

p(^-^)q

Commented by 桜&飛鳥Ⅱ at 2015-02-12 20:05 x
九州は川柳女流作家大会が開催されるなんて、女性の皆様ご活躍ですね。皆さんの句が素晴らしくとても参考になります。りんごさんの句 大好きです!
 ブログモ凄いボリュウーム、若さが羨ましいです。
静岡の「川柳たかね」の新年会に、選者として真島久美子先生がお越し下さいました。その折、りんごさんのことうかがいましたら、良く御存じとのことでした。
Commented by ringo-utahime at 2015-02-13 11:37
桜&飛鳥Ⅱさん、こんにちは。お疲れ様です。
コメントありがとうございます。

久美子ちゃんは、川柳界の私の可愛い妹です。………と言っても、川柳歴は彼女の方がずっとずっとずっと先輩なんですけどね。
どこの世界も同じですが、高齢化ばかりが進み若い人が少なくて………先細りで困ります。
宮崎の川柳界も、私より若い人は、ほんの2~3名ほどしか居なくて………将来が不安になります。

相変わらず雑用に忙しくて、ブログ更新も滅多にできないのに、桜&飛鳥Ⅱさんにご訪問いただいて嬉しい限りです。私もまた遊びに伺いますね。

(^-^)/
by ringo-utahime | 2015-02-12 05:15 | 川柳大会 | Comments(12)

2013年4月開設『りんご詩姫のブログ(新)』‥‥文芸川柳、フラメンコ、ボイストレーニング、パン教室、グルメ等々、趣味に生きる元気印「りんご詩姫」の〈気まぐれブログ〉。小さなスナックのママです。よろしく♡♡


by りんご詩姫