りんご詩姫のブログ(新)

ringouta.exblog.jp

2013年4月開設『りんご詩姫のブログ(新)』‥‥文芸川柳、フラメンコ、ボイストレーニング、パン教室、グルメ等々、趣味に生きる元気印「りんご詩姫」の〈気まぐれブログ〉。小さなスナックのママです。よろしく♡♡

宮崎市民川柳大会(3/22)②

「第46回宮崎市民川柳大会」各課題の入選句の一部を抜粋して紹介。

e0322827_6281894.jpg

e0322827_6283146.jpg

【予約】  肥田木聞明選
隣の子いつの間にやら予約済み(河野 博之)
キャンセルをずっと待ってる列にいる(白瀬 遊水)
百歳の予約切符が売り切れる(馬場さだお)
ドタキャンへドミノ倒しとなる幹事(間瀬田紋章)
雪だるまが春と交わした密約書(春田あけみ)
ハート型の骨ツボペアで予約する(高峰 桂介)
予約席白馬の騎士がまだ来ない(尾崎 雅子)
百本のバラで私を予約させ(平瀬 芙蓉)
捨て場所を予約できない核のゴミ(主税みずほ)
原発に頼らぬ明日を予約する(さわだまゆみ)
横綱のお尻に触れた桟敷席(岩崎 哲)
待ちかねて欠伸している予約席(藤井 英坊)
楢山へ温泉つきの予約券(馬場ナオミ)
ロボットにこっそり予約する介護(中武 弓)
予約席夕陽を一つ座らせる(真島久美子)
予約席優越感が置いてある(真島 清弘)
予約した旬の火種が満ちてくる(選者)

【真上】  石神 紅雀選
胴上げも真上に弾けさくらさく(日高 賀邁)
真上から垂れ下がってる金の糸(古川 龍司)
お釈迦様下界の苦難見えますか(平田まりん)
刈り終えて青空あおぐ握り飯(佐藤 弘二)
傷心の月どこまでも付いてくる(三輪 治夫)
先生のゲンコが真上から昭和(真島美智子)
頭上にある丸い輪っかに気づかない(間瀬田紋章)
争いはささいなことよ鳥瞰図(馬場ナオミ)
愛一途活断層の真上でも(さわだまゆみ)
真上には王様の椅子父の椅子(真島久美子)
五年目の桜見上げる蓄魂碑(甲斐 雅人)
国会の真上のライト切れやすい(上野 由美)
爆心のドーム真上を忘れない(西岡 南風)
看板の真上に落ちた内輪揉め(さわだまゆみ)
運命線の真上で思い切り遊ぶ(春田あけみ)
人間を洗い晒して陽は真上(川崎 敬女)
ちちははの祈りの下に生きている(選者)

【口笛】  横尾 信雄選
口笛を吹いても揺れている心(黒木千代松)
口笛を吹けば原発始動する(真島久美子)
口笛が焼け野を巡るひばり節(西村 正紘)
裕ちゃんのポーズ口笛吹く波止場(川合 健二)
被災地の口笛が呼ぶ春の詩(さわだまゆみ)
うかつにも口笛の出る脚線美(植田のりとし)
マジシャンの口笛人を飲み込んだ(真島美智子)
口笛を吹いて悲しみ飼い慣らす(春田あけみ)
なるようになるさ口笛吹く女(中武 弓)
口笛はラストシーンによく似合う(七條 美千)
少年の口笛孤独への叫び(川崎 敬女)
口笛は仲間の証し秘密基地(齊藤なが月)
口笛で呼ぶ平成の人魚姫(上野 由美)
群羊は口笛ひとつ疑わず(石神 紅雀)
口笛でゆっくり消えてゆく火種(真島久美子)
ロボットが口笛を吹く日は近い(春田あけみ)
口笛で呼び寄せたのが今の妻(選者)

【葉桜】  堤 日出緒選
散る花の秘話葉桜は知らぬまま(山口 陽花)
葉桜の下白蓮の恋に会う(西 ほたか)
来し方を葉桜に問う春帽子(吉井 楼太)
喧騒をよそに葉桜彩を増し(藤井 英坊)
恋成就葉桜の道突っ走る(馬場ナオミ)
葉桜にひとり寡黙な酒と居る(荒砂 和彦)
終章は葉桜と生き風と棲む(石塚 清明)
葉桜の下でにっこり離婚印(さわだまゆみ)
葉桜になって鎮まる鬼の面(白瀬 遊水)
葉桜の頃にはきっと僕の妻(真島美智子)
葉桜となった一発屋の笑い(麻井 文博)
葉桜の並木廃炉の道はるか(主税みずほ)
葉桜の水の匂いを追いかける(中武 弓)
さわさわと哭く葉桜の反戦詩(吉井 楼太)
葉桜になって本気を出す大地(真島久美子)
葉桜を待って別れを切り出そう(間瀬田紋章)
葉桜の喉へやれやれ花粉症(選者)

【恩師】  荒砂 和彦選
入門に恩師がくれた白い地図(吉井 楼太)
体罰もあった熱血漢だった(西村 正紘)
師の言葉ここが私の始発駅(真島久美子)
先生のオルガン囲む別れの日(三輪 治夫)
寝たきりの恩師がくれる一行詩(藤井 英坊)
通知票の文字に恩師の息づかい(春田あけみ)
銀河鉄道恩師に遇いに行く旅路(棧 舜吉)
尊敬か恋か恩師へあわい思慕(真島美智子)
クラス会恩師のとなり譲りあう(尾崎 雅子)
泣いて来いゴールポストで待っている(植田のりとし)
恩師への感謝を託す花切手(桜木 えり)
荒地から恩師の愛が発芽する(平瀬 芙蓉)
肩書きが恩師を囲み花が咲く(亀之園憲子)
恩師には賞味期限はありません(前田 一天)
厳しいが恩師の胸に海がある(吉井 楼太)
生きている限りは胸に住む恩師(棧 舜吉)
伝統の美のかげに咲く師弟愛(選者)

【封印】  西岡 南風選
封印をしたまま墓で眠りたや(麻井 文博)
封印の訳を知ってるトカゲの尾(吉井 楼太)
封印を解かす女の紅い口(江藤九州男)
恋人と歩く父さんを見ました(石神 紅雀)
一億円入れた金庫が開かない(横尾 信雄)
口に張る特大シールくださいな(尾崎 雅子)
封印の恋の小箱を抱いて逝く(外園ピアノ)
再会へ封印を解く春の帯(さわだまゆみ)
美しい誤解のままに締める匣(春田あけみ)
あちこちに封印がある子供部屋(上原しず香)
嘘ひとつ封印をして陽が落ちる(吉井 楼太)
封印を解き戦争を語る疵(石神 紅雀)
封印を剥がせば神の手が下りる(江藤九州男)
封印を解いて残り火温める(佐藤 弘二)
封印したはずの神話が生きていた(高峰 桂介)
封印をしてはならない海の声(中武 弓)
封印を切らぬ手紙が燃えている(西岡 南風)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2015-03-24 17:39 | 川柳大会 | Comments(0)

2013年4月開設『りんご詩姫のブログ(新)』‥‥文芸川柳、フラメンコ、ボイストレーニング、パン教室、グルメ等々、趣味に生きる元気印「りんご詩姫」の〈気まぐれブログ〉。小さなスナックのママです。よろしく♡♡


by りんご詩姫