『訃報』川柳

10月20日(木)、
ラグビー日本代表の司令塔や代表監督も務めた
平尾誠二さん
が、京都市内の病院で亡くなった。
53歳。

e0322827_15231441.jpg


1963年1月21日生まれ。
京都市南区出身。
伏見工業高校、同志社大学商学部卒業。
同志社大学大学院政策科学総合研究科(修士課程)修了。

中学入学後にラグビーを始め、伏見工業高校(山口良二監督)の高校3年時に全国高校選手権大会(花園)で優勝。
※テレビドラマになった「スクール☆ウォーズ」では、平山誠の役名で四方堂亘が演じた。

1982年、史上最年少(19歳4ヶ月)で日本代表。

1985年8月、英国留学中に、男性ファッション誌のモデルになり、日本ラグビー協会からアマチュア規定違反で注意勧告を受け、日本代表フランス遠征メンバーから外された。

1986年、神戸製鋼入社。日本選手権7連覇達成。

1998年1月、現役引退。神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任GM就任。

e0322827_16444923.jpg


e0322827_16445330.jpg


2019年には日本で初めてのラグビー・ワールドカップが開催されるのに、それを待たずして逝ってしまったミスター・ラグビーの無念を思って、残念でならない。

お洒落で、お茶目で、男らしくて、かっこいい平尾誠二さんが大好きだった。
ご冥福を心からお祈りいたします。


*************************


課題『訃報』の川柳を集めた。

【訃報】
いい奴と言われた順に来る訃報(土屋 一紀)
いとしい人の訃報こけしがこけた(村上百合子)
沖からの訃報三角波が立つ(大橋 啓子)
恩をまだ返さぬ人の訃を聞く夜(安武 仙涙)
駆け足で回覧板が来る訃報(片貝 宏子)
家中の空気が重いペットの訃(大田 美磯)
軽い訃が届く菜の花畠から(森中惠美子)
子の訃報握り始発を待っている(江川寿美枝)
誤作動の風吹き抜けて訃が続く(山本希久子)
寒き夜の訃報凍烈音を聴く(佐藤 正)
祝福をされる訃報も長寿村(中村 英福)
正論を吐いたライバル訃報欄(菊田 信子)
立ち枯れをしたなと思う訃報欄(平井 丹波)
誰探すわけでもないが訃報欄(野口 直子)
チューリップ散って一つの訃が届く(敷田 無煙)
突然の訃からあなたを探してる(たむらあきこ)
友の訃に在りし言葉が胸を締め(櫛方 一男)
友の訃に胸の動悸が止まらない(久保田幸子)
バッテリー取り外された日の訃報(間瀬田紋章)
ひとつの訃罪も恨みも風となる(本田 南柳)
ファックスが軽く流した訃の報せ(小崎 国雄)
訃が続く薬飲みつつ生ける幸(内田みさ子)
訃にふれる冬をいくたび見たことか(田中 士郎)
訃の知らせ一番先に年を聞く(山本 実郎)
訃のしらせ花のしらせも浮世です(森中惠美子)
訃は不意に胸のガス抜き出来ぬまま(安部 美葉)
訃報きく全身濡れた紙になる(江澤多香子)
訃報欄思わぬ人に追い越され(菊地 克二)
訃を聞いて炬燵の人も手を合はし(麻生 路郎)
訃を告げて帰る二人を雪が追う(二宮 秀三)
訃を告げるケータイ遠慮がちに鳴る(高野 久代)
またしても同年配の訃報欄(吉道 航太郎)
真夜中の訃報の知らせ気の焦り(青木 沢江)
物語秘めて小さな訃報欄(佐藤 善雄)
病む人へ人の訃報は伝えない(栗田 久子)
余花の雨親しき友の訃報知る(久保田半蔵門)
ライバルの訃報つっかい棒が折れ(山田都一郎)
ライバルの訃報へ早い冬が来る(伊藤 洋子)
朗報も訃報も同じ耳で聴く(小島 仁)
別れの場反芻している訃報欄(丸山 宣久)
訃の知らせ積もって長いながい梅雨(さわだまゆみ)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-10-20 15:20 | 川柳(課題別) | Comments(0)