ブログトップ

りんご詩姫のブログ(新)

カテゴリ:フラメンコ( 3 )

フラメンコライブ

11月11日(金)、フラメンコライブ「Dos Vidas Flamencas」に足を運んだ。
18時30分開場、19時開演。
会場のメディキット県民文化センター・演劇ホールは、ほぼ満席。

★カンテ/ミゲル・デ・バダホス
★ギター/片桐 勝彦、千田 俊介
★パルマ/伊集院史朗
★パーカッション/谷口 潤実

★バイレ/マリア・ホセ・マルティン、花原千枝美、プエルタ・デル・ソル舞踊団


約90分、華やかで情熱的で、夢のような舞台だった。
感動をありがとうございました。


《演目紹介》

①ブレリアス……全員
②ソレア……ギターソロ:片桐 勝彦
③アレグリアス……バイレ:花原千枝美
④タンゴス……バイレ:プエルタ・デル・ソル舞踊団
⑤ファルーカ……カンテソロ:ミゲル・デ・バダホス
⑥セビジャーナス……全員
⑦グアヒーラ…バイレ:マリア・ホセ・マルティン
⑧マルティネーテ・ファンダンゴス……バイレ:プエルタ・デル・ソル舞踊団
⑨タラントス……バイレ:マリア・ホセ・マルティン、花原千枝美
⑩ブレリアス……全員

e0322827_14180206.jpg

e0322827_14180441.jpg

e0322827_14180754.jpg

e0322827_14180921.jpg

e0322827_14181174.jpg


※写真は、花原千枝美先生のFacebookからお借りしました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-11-12 17:22 | フラメンコ | Comments(0)

フラメンコライブご案内

《2016年みやざきの舞台芸術シリーズⅢ》

「フラメンコライブ」のご案内です。

e0322827_14550465.jpg


フラメンコライブ
~Das Vidas Flamencas~


出演/マリア・ホセ・マルティン(スペイン在住)、花原千枝美、片桐勝彦、伊集院史朗、ミゲル・デ・バダホス(スペイン在住)、谷口潤実、千田俊介、プエルタ・デル・ソル舞踊団。

日時/2016年11月11日(金)
(開場 18:30、開演 19:00)

会場/メディキット県民文化センター・演劇ホール

チケット/前売券2500円、当日券3000円(全席自由)


【お問合わせ】

メディキット県民文化センター・チケットセンター

※〈TEL〉0985-28-7766

※〈WEB〉劇場ホームページで、24時間購入できます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2016-11-02 14:35 | フラメンコ | Comments(0)

マリア・パヘス



今月、情熱のフラメンコダンサー「マリア・パヘス」の最新作《UTOPIA~ユートピア~》が日本初上陸、東京・岩手・兵庫で公演されている。

e0322827_0331875.jpg


残念ながら、休みも資金もない私には公演を見に行くことはできないが、4月末にプレゼントされたマリア・パヘスのDVDを見ては、ささやかに楽しんでいる。
32分のDVDは、1992年版と少し古いが、ガロティン、ポル・ソレア、ポル・タラントスの3曲が収められていて、エレガントでパワフルなマリア・パヘスのフラメンコ舞踊を堪能できる。

月刊誌「川柳つばさ」の5月号では、私が担当している〈散策〉の頁の序文でも、マリア・パヘスについて書かせていただいたので、紹介する。


(前略)
 彼女の踊りは〈フラメンコの枠を越えたフラメンコ〉と絶賛されている。ストーリー性の高さ、照明と影の効果的使用、フラメンコ以外の音楽を取り入れるなど、独自のスタイルを築き上げてきた彼女は、スタイリッシュかつ情熱的な現代女性の代表であり、彼女を愛し彼女に憧れを抱く者も多い。/日本での初演となる彼女の最新作〈ユートピア〉。このタイトルには「物質的な価値に重きを置きすぎている現代人へ、大切なのは人間性や団結や人との対話である」という彼女のメッセージが込められ、「震災で多くの困難を抱えている日本人だからこそ、いっそう理解してもらえるだろう」と語っている。/マリア・パヘスの踊りの魅力を川柳に喩えるとすれば‥‥「見つけ(句材・発想・着眼点)が素晴らしく、切り口が新鮮」である作品と言えるのかも知れない。/私は常々、作句にあたって最も重視すべきものは〈見つけ〉だと考えてきた。もちろん、それが一番難しく頭を悩ませる点なのだが、川柳作家には〈オリジナルの見つけ〉を探す努力を日々惜しまないことが必要だと思う。
(後略)
~「川柳つばさ」5月号・散策より~



e0322827_026538.jpg


私も、今、フラメンコ教室で「ガロティン」(曲名)を習っている。
コルドベス(帽子)を使って踊るのだが、小物はとにかく何でも難しい。
まだやっと、曲の1番までの振り付けが終わっただけなので、先は長い。
上の写真が私のコルドベス。赤が可愛いでしょ?
来年1月19日(日)都城市で開かれるフラメンコ発表会に向けて、間に合うように「ガロティン」を仕上げたい。
ガンバ!!

(*^o^*)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2013-05-21 17:45 | フラメンコ | Comments(2)