ブログトップ

りんご詩姫のブログ(新)

スタジオ「Pit'a Pat」

ヴォーカルトレーナーの馬渡松子(まわたりまつこ)先生が独立。

4月からスタジオ《Pit'a Pat》をオープンされた。

e0322827_2243249.jpg

《Pit'a Pat》は、フランス語の〈パタパタ〉(擬音語)で、某作詞家の先生が命名されたとか‥‥鳥が翼をはためかす音なら「このスタジオから大空に羽ばたいて行きなさい」というメッセージが込められているのかも知れない。

e0322827_2242321.jpg

ヴォーカルトレーニングは、私が受講している〈個人レッスン〉の他に、〈グループレッスン〉もある。
宮崎では初の〈ヴォイスパーカッションレッスン〉クラスも新設。
また隣のスタジオでは〈レコーディング〉もできる。

e0322827_2254975.jpg

レッスン内容は、呼吸法、発声、発音、リズムトレーニングなどなど。
幅広いジャンルで、個性に合わせた歌唱指導をしていただける。

興味のある方は、ぜひ一度《体験レッスン》を受講してみてくださいね♡
(*^▽^*)

e0322827_23342993.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


~問い合わせ先~

《Pit'a Pat studio》
〒880-0001
宮崎市橘通西3-10-36西村ビル5F
℡ 0985-25-2880
mail pitapat.studio@gmail.com



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


[PR]
by ringo-utahime | 2013-04-15 22:24 | ヴォイストレーニング | Comments(8)

うなぎ「一力本舗」(4/14)

4月14日(日)のランチには、久し振りに「一力」の鰻をご馳走になった。

お昼なので、鰻もご飯も少な目(私には珍しく)にした。
もちろん、鰻の肝も注文。
汁物は、赤出汁と吸い物が選べるが、最近の私はもっぱら赤出汁。

おかげで、午後からの「宮崎番傘川柳会」の句会にも、元気が出た~♡♡

(*^o^*)


e0322827_1242307.jpg


「一力」は、著名人も数多く訪れる老舗。登録商標もしている《ネッカリッチうなぎ》は、椎や樫などの活性炭を飼料に配合して育てられたもので、従来の鰻の泥臭さが無く、天然物を凌ぐと評判。

美味しいものを食するのは、至福のひととき。私は、いつも「鰻が嫌い」と言う人が気の毒に思えてならない。

稚魚(シラス)の不漁による取引価格高騰で、鰻店は何処も大変だ。
「一力」でも、鰻以外のメニューが色々と増えたので、鰻が苦手な人でも足を運べるようになった。家族連れにも、おすすめ。


e0322827_14122088.jpg


今日のお昼は「一力」の〈鰻のちまき〉を、レンジでチンして食べた。美味しい~♡♡
〈鰻のちまき〉は、全国宅配もありますよ。
(^_-)

ちなみに「一力」のお嬢さんは、クラスは違うが私のフラメンコ仲間。可愛くて明るくて働き者で頑張り屋さんの、と~っても良い娘です。私の自慢の妹みたいな存在だから、彼女にも会いに行ってね~♡♡
(*^_^*)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

うなぎ「一力本舗」
宮崎市和知川原1-12
℡ 0985-24-8964
営業時間 11時~21時
定休日 月曜(祝日の場合は火曜)
駐車場 20台

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

e0322827_1621478.jpg

~おまけ~
日曜の夕方、句会の帰りに「ジョイフル」で〈ホットアップルパイ〉を食べた。程良い甘さで、美味しかった。
(o^^o)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


[PR]
by ringo-utahime | 2013-04-15 12:37 | | Comments(4)

4月のパン教室(4/13)

e0322827_1433635.jpg

今日の
パン教室
では
「いちごのデコレーションケーキ」
「ちぎりパン」を作成。

(^^)v


e0322827_1444714.jpg


そのほかのメニューは
「日向夏サラダ」「さといもグラタン」

さといもグラタン(四角い皿の上にある左下の器)は初めてだったが、とても美味しかった。簡単だし、赤ちゃんの離乳食にもおすすめ。

※「さといもグラタン」の作り方は、下記のコメント欄に記載済み。


(#^_^#)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


[PR]
by ringo-utahime | 2013-04-13 14:03 | パン教室 | Comments(2)

春の交歓句会(4/7)

e0322827_640188.jpg

e0322827_6404843.jpg

e0322827_6411858.jpg



4月7日(日)、川南土の子番傘川柳会主催の
『春の交歓句会』
に参加。

「峠の里 井尻太郎茶屋」にて、宮崎番傘、蒼樹会、延岡南樹社など、総勢28名(うち欠席投句1名)参加。

柳友たちの日頃の行いが良いせいか、前日の雨も上がって、晴天。
今年の桜は、もう葉桜と化していたが、芝桜や藤が綺麗だった。


~課題と選者~
「遠く」  加行大洋選
「新人」  さわだまゆみ選
「芽生え」 岩崎 哲選
「嘱目吟」 西岡南風選



春の嵐で、句箋が飛ぶので、みんな四苦八苦。選者は、柳友の自家用車の座席を借りて選をした。
披講も、強風で、声がかき消されるので大変だった。脇取りは、間瀬田紋章さんと主税みずほさん。
みなさん、お疲れ様でした。



~佳作以上の入選句と私の句~

◆題『新人』  さわだまゆみ選
 佳5 新人の花見の茣蓙の初仕事(和彦)
 佳4 百歳の新人母の趣味多彩(桂介)
 佳3 新人戦スカウトの目へ力み過ぎ(紋章)
 佳2 青春の森が育てたニューフェイス(みずほ)
 佳1 米を研ぐことも教わる新入部(紋章)
 準2 新人がロボットだった日の恐怖(南風)
 準1 新人が初めて貰う花名刺(淳子)
 特選 老いてなお新人賞を狙うペン(桂介)
 軸吟 新人のアイデア盗む鯰髭(まゆみ)

◆題『遠く』  加行 大洋選
 佳5 蟻が引く年金制度の殻である(保徳)
 佳4 お言葉を返してからの遠い椅子(安子)
 佳3 時速三百みちのく無念を突っ走る(南風)
 佳2 瓦礫の町 春の鼓動に遠くいる(桂介)
 佳1 遠島の辞令 主流派から外れ(和彦)
 準2 遠い日の父の一喝甘辛く(直子)
 準1 末席に慣れて初心に遠くなる(桂介)
 特選 母の味遠く及ばぬ煮ころがし(まゆみ)

◆題『芽生え』  岩崎  哲選
 入選 友情が芽生えた放課後のコート(まゆみ)
 入選 お受験戦争ママに芽生える虚栄心(まゆみ)
 佳5 途中下車恋が芽生える一人旅(安子)
 佳4 台所母が受け継ぐ木の芽和え(南風)
 佳3 家族の輪 遅い芽生えで楕円形(美千)
 佳2 花冷えに火の約束が芽生えだす(みずほ)
 佳1 芽生えとは気付かずにいる胸の蝶(南風)
 準2 瓦礫の中そっと芽生えたこぼれ種(桂介)
 準1 根絶やしが出来ぬ新手の詐欺芽生え(和彦)
 特選 親の道 性の芽生えに蓋をする(紋章)

◆『嘱目吟』  西岡 南風選
 入選 葉桜に偲ぶ恩師の辞世の句(まゆみ)
 入選 葉っぱでも桜は桜 花見酒(まゆみ)
 佳5 葉桜に柳友と酌む花見酒(大洋)
 佳4 上向いてばかりじゃ駄目と芝桜(譲)
 佳3 君のルージュと深紅を競う芝桜(大洋)
 佳2 変人の集いと決めて風騒ぐ(直子)
 佳1 喪の憂い忘れさせるか芝桜(洋子)
 準2 復興の町は安堵の茶摘み唄(淳子)
 準1 峠の里 大地まるごと春にする(桂介)
 特選 春風に乗って海から鎮魂歌(紋章)


e0322827_651336.jpg

e0322827_6512920.jpg


句会のあとは、恒例のバーベキュー大会。
岩崎哲会長の指揮の元、特上の宮崎牛と焼野菜に加えて、おにぎり弁当、自家製漬物、イチゴ、デコポン、饅頭などなど‥‥お腹いっぱい振る舞われた。
ビール・日本酒・焼酎・ワインとアルコールも多種用意され、みんな大喜びで、大満足の一日だった。

美味しかったです。
ご馳走さまでした。
ありがとうございました。

(*⌒▽⌒*)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


[PR]
by ringo-utahime | 2013-04-09 06:39 | 川柳句会 | Comments(8)


※この度、アメーバブログから、こちらのエキサイトブログに引っ越してまいりました。


どうぞ宜しくお願いいたします。




「引っ越しそば」
代わりに、下記の記事をアップさせていただきます。 


※なお、過去の古い記事を読みたい方は、
アメーバブログ『りんご詩姫のブログ』(旧)をご覧くださいませ。


   ~『りんご詩姫のブログ』(旧)~
    http://ameblo.jp/ringo-uta-hime/





e0322827_665185.jpg

e0322827_6104713.jpg

e0322827_6105863.jpg


4月6日(土)、宮崎大学付属病院にお客様のお見舞いへ。

途中のランチタイムに、清武町の純手打そば『乳岩亭』に足を運んだ。
看板には「遠くにあっても、そばや」のキャッチフレーズ。
何年か振りに行ったが、店の前に新たな舗装道路が通っていて、びっくり。


e0322827_6114038.jpg

e0322827_612215.jpg

e0322827_6123870.jpg


隠れ家的で、知る人ぞ知る店だが、相変わらずの繁盛ぶり。
前夜に電話予約(1500円コース)しておいて、正解だった。
ちなみに、コースは1500円と1000円の2種。温かいそばか冷たいそばが選べる。
お客の顔を見てから生そばを茹でるので最低20分は待たされるが、美味しいので、おすすめ。

(*^_^*)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


純手打そば『乳岩亭』
宮崎市清武町大字今泉乙2598-3
0985-85-3461
(※事前に予約されたし!!)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


[PR]
by ringo-utahime | 2013-04-09 06:06 | | Comments(2)