ブログトップ

りんご詩姫のブログ(新)

『百点(満点)』川柳

今秋、カラオケの機械をリニューアルしました。

《高精度採点方式》を選ぶと、相対的に高得点が出るようになりました。

「音程」のパーセンテージと、「音感」の点数から、総合得点が表示されるシステム。

これまで、川柳仲間のSさんとNさんが、それぞれ百点を出されています。


e0322827_11350349.jpg

私も、昨夜、やっと2回目の百点を出しました。
楽曲は「X JAPAN」の「Forever Love」。

一度百点を出した楽曲でも、毎回百点を出せるわけではありません。
やはり、その日の体調などに左右されるようです。

他店のカラオケよりは、ぐっと高い点数が出るので、楽しいですよ。

もちろん、点数を出さないようにすることもできます。

カラオケのお好きな皆さん、ぜひ歌いに出ていらしてくださいね。


『りんごの詩』の営業は、
年内は30日(金)まで、
年始は1月4日(水)からです。



今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


*******************


課題「百点(満点)」の川柳を集めてみた。

【百点(満点)】
百点を取ったらパパの子にされる(鈴木 青古)
百点が青葉の道を駆けてくる(奥村 吉風)
百点じゃないが合格点が出る(井上 園子)
百点の夫を亡くし泣き正月(杉本美智子)
百点をあげよう本音で生きた人(片岡 弘)
まぐれでもこの百点は神棚へ(池田ちえみ)
満点でない自画像を愛してる(西脇 冨美)
満点にされて天寿を燃え尽きる(金子 花泉)
満点にひとつ足りないものがある(小林 桜花)
満点の男にボケがしのび寄る(近藤 道子)
満点のない人間があったかい(中西 隆雄)
満点の評価にぐっと熱いもの(岩田 柳堂)
満点の星にあなたの話する(沼澤 閑)
満点はいらむ素直なこどもいい(小林 昭男)
満点を付けられた子の荷が重い(久次 敦生)
満点は無理だが出来た嫁御寮(弥生)
最高点あげたい老母の棺閉じる(マスミ)


e0322827_00212710.jpg

e0322827_07204190.jpg

《追記》
2017年1月9日(月)、12日(木)、4回目・5回目の百点を出しました。どちらも演歌です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-29 10:35 | 川柳(課題別) | Comments(2)

『カード』川柳

今夜はイブ、明日はクリスマス。

子どもの頃、クリスマスプレゼントを貰ったことはなかった。
両親の口癖は「我が家は浄土真宗だから、クリスマスは関係ない」だった。

ただ自宅から一番近いという理由で、私は小学校に上がる前の一年間だけキリスト教の保育園に通っていた。
保育園で暗唱した「主のいのり」は、今でもはっきりと覚えている。


~主のいのり~

天にまします われらの父よ
ねがわくば みなを あがめさせたまえ
みくにを きたらせたまえ
みこころの 天になるごとく 地にもなさせたまえ
われらのにちようのかてを きょうもあたえたまえ
われらにつみをおかすものを われらがゆるすごとく
われらのつみをも ゆるしたまえ
われらを こころみにあわせず
あくより すくいだしたまえ
国と 力と 栄えとは
かぎりなく なんじの ものなればなり
アーメン




クリスマスカードを作ってみた。

e0322827_12511013.jpg

e0322827_12511792.jpg

e0322827_12513292.jpg


「カード(card)」を広辞苑で引くと、

①厚紙を小形方形に切ったもの。紙票。「単語ー」「クリスマスー」
②カルタ。トランプ。
③プリペイド・カード、クレジット・カードなどの総称。
④(スポーツ試合の)組合せ。「好ー」



*******************



課題『カード』の川柳を集めてみた。


【カード】
愛はあるカードに磁気があるように(寺西 文子)
イエローカード出ない程度の思慕がよい(犬童エツ子)
キャッシュカードは妻の手にあり十二月(吉岡 茂緒)
イエローカード妻がときどきちらつかす(藤解 静風)
カエルあお向けカード破産をしたらしい(小林こうこ)
百歳のカードを切って星になる(引木 詠路)
ジョーカーと言う確信を掌に握る(嶋口 幸美)
カード氾濫お墓参りも自販機も(志村ふみ子)
カード社会に優しい愛はありますか(大橋百合子)
お気軽にカード破産というピアス(小林 有子)
ドナーカード私がわたしであった日々(中野 六助)
切り札になるかキリギリスになるか(本多 洋子)
ねえイコカ今夜は帰りたくないの(清水すみれ)
ジョーカーをロンドン塔に幽閉する(笠嶋恵美子)
山札ににきび手札は総流し(兵頭 全郎)
過呼吸のカード どこまでお使いに(村山 浩吉)
愛というカードは時に裏返る(山岡冨美子)
焦ってる時にカードの知らんぷり(城後 朱美)
言い過ぎてイエローカードよく溜まる(松本トシ子)
生き甲斐は抵抗にありプラカード(疋田 青峰)
一枚のドナーカードに棲む女神(廣島 英一)
命の炎ドナーカードに灯される(鈴木田鶴子)
宇宙からレッドカードの温暖化(斉藤 恭悦)
オイ地球イエローカード出す宇宙(鈴木 章)
カード化の街が無口になってゆく(松尾 一宏)
カード化の街人間の顔がない(笹倉 良一)
カードキー都会のホテルこじ開ける(平田 朝子)
鏡からイエローカード渡される(澤登 一隆)
書くだけは書かして貰うプラカード(小野江芦舟)
ガソリンも親のカードでするデート(神原 無声)
義理チョコに添えるカードはみな同じ(児玉 明美)
クレジットカードへ妻の浪費ぐせ(馬場 修治)
県庁の広場年中プラカード(大崎 三来)
財布からカードがでかい顔をする(森永 茂)
酒癖へレッドカードを出す店主(宮内 珊瑚)
新鮮がいっぱいドナーカード持つ(井原みつ子)
人権をかざして群れるプラカード(平田 朝子)
タイムカード押し一匹の蟻となる(片倉 沢心)
タイムカード押すと会社の顔になる(安居 民樹)
ためらいのドナーカードにするサイン(松村 滋)
妻もまたキャッシュカードをかくし持つ(吹田 朝児)
闘争もトルコも生きるプラカード(中尾 飛鳥)
どうぞどうぞドナーカードへ記入する(鈴木田鶴子)
ドナーカードが回すヒト科のリサイクル(高谷 一人)
ドナーカード全部◯して青い空(永藤 我柳)
ドナーカードに丸年金の恩返し(永石 珠子)
ドナーカードの楷書まごころだとおもう(蛭子千鶴子)
ドナーカードのサインに揺れているハート(柏野 遊花)
ドナーカード魔法の杖となる願い(藤井 英坊)
ドナーカード私の終にあるノルマ(遠近 哲代)
何もかもカード鍵まで締めてくれ(中村 天馬)
ナビで来てカードで済ます遍路宿(松本 宗和)
二乗して転換しよう負のカード(初川 宏子)
話し合う言葉を持たぬプラカード(前田 辰男)
花のカードをくれる男がいてもよい(森中惠美子)
バーゲンにポイントカード伴に連れ(加納 半銭)
VISAカード一枚有れば足る世界(久安 五劫)
病院のカード集めて元気です(福島 万年)
懐に素直なカード居て不安(小棚木松静)
プラカード基地は要らぬと書いてあり(冨金原佐吉)
ポイントの少しずつ有るカード増え(永山 遊歩)
待っている誰かへドナーカード書く(仁木 弘悦)
有終をドナーカードの美で飾る(武島 幸男)
ゆっくりと余生をつなぐカード族(森中惠美子)
レッドカード出してくすりを飲めという(大城 俊文)
ポイントを溜めるカードへ無駄遣い(格)
ドナーカードボクの臓器をまた生かす(みの里)
カードから僕の機密が覗かれる(信彰)
あれもこれもカードでなくちゃ埒あかぬ(すみ江)
禁煙に息を潜めているタスポ(比呂朗)
前期高齢カード出す手も恥らいて(とり)
産直のカードで私の名前売る(加代子)
タイムカードなくて気楽な野良仕事(美代子)
切札を秘めて女の三面鏡(伊三美)
ジョーカーを握ってからの不整脈(サヨ子)
ジョーカーを持たず進むと決めた道(洋子)
氾濫のカードヒト科の失語症(風子)
一枚のカードがわたしを保証する(ヒデコ)
レッドカードをいくつも持っている妻だ(蘭幸)
似顔絵の名刺私を置いてゆく(千代美)
顔のないカードへ潜む黒い沼(かずこ)
抱擁のプルスの中で切るカード(きよし)
にんげんが人間叱るプラカード(詠路)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-24 11:20 | 川柳(課題別) | Comments(6)

e0322827_11433497.jpg

2017年1月15日(日)、
恒例の《宮崎番傘新年句会》を、ホテル「浜荘」にて開きます。


どなたでも参加できます。

詳細は、当ブログ12月11日付けの「宮崎番傘12月句会」の記事、または「川柳みやざき 168号」18頁をご覧ください。

新年句会終了後の《懇親会まで参加ご希望》の方は、1月10日(火)までに、私(さわだまゆみ)までご連絡ください。
料理の準備があるため、当日の申し込みはできません。




~『懇親会参加申込者』一覧~
〈2017年1月14日(土)現在………27名参加〉


《男性》
①紋章
②南風
③九州男
④幸風
⑤よしひさ
⑥ちかよし
⑦芳柳
⑧譲
⑨さだお
⑩楼太
⑪賀邁
⑫放浪
⑬聞明
⑭英坊
⑮舜吉
⑯半球
⑰雅彦

《女性》
①みずほ
②淳子
③ほたか
④敬女
⑤美千
⑥ふさこ
⑦えり
⑧充子
⑨二子
⑩まゆみ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-22 11:20 | 川柳お知らせ | Comments(0)

宮崎番傘川柳会(間瀬田紋章会長)発行の
「川柳みやざき冬季号(168号)」を紹介。

e0322827_17360043.jpg


◆巻頭言
出会うということ(西岡 南風)


◆近詠『尾鈴集』(間瀬田紋章選)〈38名参加〉より抜粋

《巻頭》
母を恋うゆらり記憶は若いまま
句集一冊母さんに読む秋の果て
戦後処理済まない母が眠りだす
まだ明日を信じて書かぬ遺言書
里に吹く風がおしえた処世術
愛憎のドラマを知らぬ標準語
掠れ字の母の想いへ鈴を振る
小宇宙くすぐってみる花雫
(都城/主税みずほ)


地の果ての島に知恵ある日本人
哀しみの地層にあった知の化石
骨のない墓に祈って茅を刈る
戦没碑神社の隅で海をみる
(宮崎/西岡 南風)

秋深み主なくとも熟れる柿
砂山に埋めた未練が発芽する
一線を越えた男を許す雨
おふくろの涙苦手な不孝者
(宮崎/江藤九州男)

難聴のガラパゴス化をする思考
耳朶に手を添え虚実聴き分ける
判官びいき聴こえるふりをする笑顔
秋彼岸子規の発句もずれてくる
(宮崎/棧 舜吉)

ピンコロリ行く寸前に脳にメス
真夜中のナースコールの手が震え
もう退院したの我が家に飲み仲間
(川南/岩崎 哲)

人間を人間にする空の青
背広からほろりこぼれる火の匂い
お転婆と言われつづけて母になる
(宮崎/高峰 桂介)

朝もやの緞帳あがる川の町
ゴールテープは静か闘志は駆け抜ける
綱を引く空と大地の間にて
(薩摩川内/石神 紅雀)

どしゃ降りの試練に見せた底力
皿に盛る青いリンゴに試される
順番に抜けてひとりの時刻表
(宮崎/日高 賀邁)

気がつけば亡母と同じに子を叱る
鍵穴を大カマキリに覗かれる
柚子の色すさむ心を塗りなおす
(宮崎/西 ほたか)

活断層の上で祭りに熱中し
徹夜して介護する娘の涼しい目
教え子の訃報は強く胸を打つ
(宮崎/田口 三窓)

火傷した過去に蓋して缶ビール
止まり木に男の嘘の忘れ物
言い訳をしない男にまだなれず
(宮崎/太田ちかよし)

透明の糸で縫われて動けない
踏み切りの前で迷っているウサギ
占いに後ろめたさを覗かれる
(薩摩川内/春田あけみ)

星になった母へ童話を書いている
肉食系のおんなは涙まで肥やし
ライバルに勝てとつぶやく朝の靴
やり直す転機をくれた手術痕
舌足らずのメールが生んでいた誤解
十五夜の別れ愛ある法螺を吹く
(宮崎/さわだまゆみ)


物忘れ揃う発芽にうろたえる
裏切りを許し青菜で酒二合
月毎の検査数値の積む命
(川南/甲斐 雅人)

来賓の代理の席が温もらぬ
孫一位車椅子から立ち上がる
ぶさ下がるだけの子もいる綱引きだ
(薩摩川内/石原 夢修)

泣きながら生まれてきたがもう泣かぬ
天国へ笑って逝こうVサイン
すっぴんが好きと言われた野辺の花
(宮崎/森本いつき)

病葉を抱いてこの世の話する
雑踏に同じ匂いのする安堵
お手玉を放る少女の森の中
(宮崎/中武 弓)

白鷺にもてはやされるトラクター
空港の動く歩道の水すまし
子育ては楽々いかぬ千歳飴
(宮崎/永友 充子)

講習会再挑戦に立つ傘寿
ロボットとドローン使う難工事
うそ本当思案にくれる弥次郎兵衛
(宮崎/柴崎 幸風)

施しをポロリと落とす医師の指
踊るほか無いと悟った地震国
シャボン玉仲間はみんな高齢者
(宮崎/馬場さだお)

天秤棒足元揺れて秋の風
冒険の森へ踏みだすジャンプ傘
待てど来ぬ便りに痼まだ残る
(宮崎/七條 美千)

週明けは医者の梯子で忙しい
止まり木で型減り靴がアイロニー
長寿社会和気あいあいの不整脈
(宮崎/永友 淳子)



◆私の風〈エッセイ3篇〉

実験風子育て記(高峰 桂介)

図書館で一日過ごす文化の日(柴崎 幸風)

川柳と私(福嶋 彦猫)



◆第36回 課題吟より抜粋


『未熟』 江藤九州男選
入選
子育てに妻が手助けしています(石田 酎)
未熟児も今は立派な反抗期(三好 信次)
人間不信未熟な風の傷を抱く(主税みずほ)
未熟でも百まで踊り忘れない(柴崎 幸風)
正座さえできぬお堂に響く経(間瀬田紋章)
まだ未熟違い分からぬ酒の味(太田ちかよし)
穏やかな円を乱している短気(中武 弓)
佳作
未熟さを補い合ってウエディング(永友 充子)
ITの世界未熟なまま老いる(やすの喜宏)
性善説信じ捨てられない未熟(さわだまゆみ)
特選
未熟者ですがと胸を張ってくる(甲斐 雅人)
軸吟
未熟さを隠しきれない筆洗う(選者)

『支える』 吉井 楼太選
入選
コンパスの足お互いに感謝状(石神 紅雀)
細腕で銃後支えた女たち(江藤九州男)
高度成長支えた戦士夢の跡(七條 美千)
中流を支える父の素手素足(主税みずほ)
ポジティブな妻が支える介護録(さわだまゆみ)
不器用でも家を支える父の自負(やすの喜宏)
支え合うネジが緩んで倦怠期(太田ちかよし)
私のつっかえ棒になりなさい(中武 弓)
佳作
女子力が支える過疎の栗ご飯(西山なずな)
老々介護力を抜いて支え合う(間瀬田紋章)
特選
長生きが重荷に老いの支え合い(三輪 治夫)
軸吟
表には出ない情けに感謝する(選者)


*******************


~お知らせ~

間瀬田紋章(宮崎番傘川柳会会長)さんのブログが、アメーバからヤフーにお引越しされました。

新しいブログのURLは、下記のとおりです。

紋章川柳のブログ[2]
http://blogs.yahoo.co.jp/maseda5236



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-12 16:20 | 川柳誌 | Comments(8)

宮崎番傘12月句会

12月11日(日) 13~16時。
「宮崎番傘川柳会」(間瀬田紋章会長)
12月句会
開催。

e0322827_20122071.jpg

e0322827_20122295.jpg

e0322827_20122521.jpg

出席22名+欠席投句13名=計35名。

博之さんが、芳柳さんに改名。


脇取りは、太田ちかよしさん。

※ボイスレコーダーから拾った全入選句を下記に記載。漢字や表記等の間違いに気づかれた方は、お知らせください。


【押入れ】 間瀬田紋章選

入選
押入れを昭和の基地が占拠する(喜宏)
押入れを覗くと過去があふれ出す(照代)
押入れの奥に秘密を眠らせる(紅雀)
押入れの秘密のベッド別世界(駿介)
断捨離も押入れだけは後回し(ちかよし)
錆びついた夢の脱け殻押入れへ(美千)
押入れの柳行李に父母が生き(喜宏)
押入れがトラウマだった昭和の子(信)
押入れから寝息の洩れるかくれんぼ(まゆみ)
押入れのこやしを減らすお引越(南風)
親離れ押入れの中の小宇宙(信)
押入れの妣の古足袋捨てきれず(鈴女)
押入れに喜劇悲劇の物語(富山)
押入れで寝ると世の中が変わる(南風)
押入れは宝の山かゴミ屋敷(よしひさ)
下ごころ胸の押入れしまい込む(碌詩)
古民家の押入れ深く父の闇(みずほ)
ストレスを押入れに入れ風も入れ(みなみ)
押入れの雛人形へ詫びる春(敬女)
押入れを開けて始まる逮捕劇(さだお)
押入れの文箱に残すモテたあと(のりとし)
押入れに隠した恥が騒ぎだす(九州男)
押入れの襖絵孫のピカソ流(みなみ)
押入れに冬眠してるまむし酒(ふさこ)
来客に押入れ茶の間ごと詰める(紅雀)
押入れに衝動買いを隠す妻(まゆみ)
押入れに酸素不足の不用品(幸風)
罪多く押入れ全て開かずの間(義山)
押入れに秋風とおす大掃除(駿介)
止句 あったはず押入れ今日も掻きまわす(紅雀)
佳⑤ 押入れへ眠る昭和を揺り起こす(美千)
佳④ 押入れに隠れて聴いたみこし唄(寛水)
佳③ 押入れを開ければ母の匂いする(ほたか)
佳② 押入れに断捨離できぬランドセル(幸風)
佳① 押入れに戦後の暮らし置いたまま(喜宏)
準② 押入れに解けない荷物一つある(信)
準① 押入れのその奥にある涙壺(のりとし)
特選 押入れで痺れを切らす未完の絵(桂介)
軸吟 押入れで値をつり上げた萩の壷(選者)


【介護】 江藤九州男選

入選
やわらかな心も触れる介護の手(照代)
介護して強い絆が編みあがる(敬女)
終章へ根雪をとかす介護の手(まゆみ)
介護保険しっかり使って生きてやる(信)
紙おむつ穿けば介護の幕が開く(さだお)
時々はおっちょこちょいの介護ロボ(喜宏)
ヘルパーの介護上手を知る背中(ちかよし)
あたたかい介護見ている石蕗の花(ほたか)
介護して知る母なりの自尊心(よしひさ)
母背負う母にもらったこの背なに(桂介)
笑顔だけ絶やさずにいる介護の灯(信)
山頭火コロリ往生叶えたり(ふさこ)
介護保険世話にならぬと芋の花(淳子)
許し合う嫁姑の介護録(まゆみ)
泣いて笑って介護する人される人(なが月)
愛されて愛して温い介護の手(敬女)
年の差婚 愛と介護がついてくる(千枝)
介護するつもりが先に介護され(幸風)
エンディングノートと介護日記買う(紋章)
同窓会 病気と介護で盛りあがる(紋章)
犬の介護に夫の食事忘れられ(紅雀)
一日の介護もさせず逝った父(紅雀)
デイサービス薄紅さして迎え待つ(なが月)
認知症 叱らぬ愛が処方箋(ちかよし)
介護にも屈託のない嫁を褒め(喜宏)
介護した親がひょっこり夢枕(淳子)
止句 介護され窓に幸せ鳥の声(碌詩)
佳⑤ 思い出と押し競饅頭する介護(さだお)
佳④ 徘徊の母と一緒に仰ぐ星(のりとし)
佳③ 午前二時 介護励ます深夜便(よしひさ)
佳② 限りある命ゆらりと介護棟(みずほ)
佳① 長い旅 介護の杖が重過ぎる(桂介)
準② 両親の介護終わって風の中(紅雀)
準① リハビリの明るさ介護の手は温い(南風)
特選 認知症 母は童話の森の中(のりとし)
軸吟 デイケアで相手さがせば爺ばかり(選者)


【吹雪】 西岡 南風選

入選
吹雪にも弱さを見せぬ茶の蕾(喜宏)
ひとときを桜吹雪と無に還る(淳子)
地吹雪が去って湯飲みの温かさ(芳柳)
メダリストの紙吹雪見る第四位(ほたか)
紙吹雪舞い散る父母のダイヤ婚(淳子)
地吹雪も耐えぬく恋の逃避行(まゆみ)
吹雪く夜の酒は静かに増えてゆく(信)
吹雪やみ雪割草がご挨拶(桂介)
吹雪舞う憎い男の野辺送り(敬女)
配達夫の根性 吹雪をついてくる(ほたか)
吹き荒れた話も今日は凪いでます(千枝)
花吹雪 裏方さんのサプライズ(照代)
花吹雪 栄華の夢はダムの底(のりとし)
桜吹雪 も一度会いたい車椅子(美千)
吹雪く夜も有った我が家の四畳半(さだお)
こんな日の妻は雪女に変わる(紅雀)
吹雪もう三日も続く縺れ糸(紋章)
紙吹雪そうじは誰がするのやら(紅雀)
南国生まれ吹雪く横手に嫁に行く(ほたか)
免許証返納ゆらぐ吹雪の夜(みなみ)
地吹雪が泣きわめく子も黙らせる(喜宏)
紙吹雪 俺の葬儀で撒いてくれ(九州男)
国のため見事に散れと花吹雪(信)
吹雪く坂ふたりで越えた遠い冬(桂介)
吹雪く夜は囲炉裏囲んで武勇伝(なが月)
風を読み吹雪予測の船だまり(幸風)
最終便父よ父よと吹雪く胸(紅雀)
物言えば口に飛びこむ猛吹雪(芳柳)
念入りな化粧を隠す花吹雪(芳柳)
猛吹雪ひたすらメール待つ暖炉(美千)
吹雪です大根が美味おでん鍋(富山)
吹雪く夜に太宰の本は似合わない(ちかよし)
紙吹雪 満月わらう村芝居(博)
花吹雪 微笑みながら舞っている(喜宏)
新燃のあの日は灰が吹雪いてた(彩香)
止句 トランプ風 吹雪く世界の道いずこ(義山)
佳⑤ じょんがらが沁みる吹雪のお葬式(まゆみ)
佳④ 北方領土還らぬ島に花吹雪(富山)
佳③ 行間に吹雪を抱いている日記(桂介)
佳② とても熱い吹雪の中を受験生(紋章)
佳① 五線譜に桜吹雪を乗せて見る(千枝)
準② 終章は天に舞いたい花吹雪(敬女)
準① 猛吹雪キムチの国の鉄仮面(みなみ)
特選 吹雪く夜の女すて身の眉を引く(みずほ)
軸吟 口減らし蝦夷地の父の回顧録(選者)



******************



~宮崎番傘・新年句会ご案内~

★日時/平成29年1月15日(日)
※午後1時より受付(投句締切、1時半)

★句会参加料/500円
(※欠席投句300円……年会費7000円納入者は不要)

★宿題(各2句)
「初対面」「痛い」「無人」「自由吟」

★席題(当日参加者のみ)
「印象吟」1句即興詠

※選者、印象吟は当日発表。


★会場/ホテル浜荘
〈宮崎市吾妻町151、電話0985-24-3019〉

★懇親会/3500円
(※当日の申し込みはできません)


※懇親会の申し込み締切は、1月10日(火)。
さわだまゆみまで、ご連絡ください。

〈携帯〉090-3326-0858
〈メール〉ringo-.mayumi.0402@docomo.ne.jp
〈FAX〉0985-28-9667(※午後のみ受信可能)


※「川柳みやざき・冬季168号」の18頁に詳細あり。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-11 20:10 | 川柳句会 | Comments(4)

『電飾』川柳

e0322827_09373778.jpg

12月2日(金)の「フローランテ宮崎」の点灯式に行かれたKさんから、メールでいただいたのが上の写真。


宮崎県内のイルミネーションスポットを人気順に紹介すると、

①フローランテ宮崎 イルミネーション・フラワー・ガーデン~ひかりのはなぞの
※2016年12月2日~2017年1月9日
※18:00~21:30(開始時間は予定、天候等により前後あり、雨天時も点灯あり)

②かわみなみ電飾大作戦2016
※2016年11月26日~2017年1月上旬
※17:30~22:00

③宮崎イルミネーションin2016 恋とキラメキは街にある
※2016年11月18日~2017年2月28日
※17:00~24:00

④トム・ワトソンゴルフコースイルミネーション~奏でるあかり、光の森~
※2016年11月12日~2017年1月15日
※20:00~翌01:00


*******************


課題『電飾』の川柳を集めてみたが、少なかった。

【電飾】
世界中エコ電飾で終夜(檜 幽可)
電飾が灯り豊かさ溢れ出る(前野喜美子)
電飾に写し出された虚栄心(井澤 壽峰)
電飾に虚像の都市が眠らない(岡部 暖窓)
電飾の衣裳をギャラも眩しがり(大嶋千寿子)
電飾の街で孤独を噛みしめる(米川あいこ)
灯された電飾街が活気付く(篠原 昭子)


*******************


定期検査のため今年10月から運転を停止していた鹿児島の川内原発1号機が、昨日12月8日午後9時半に運転を再開した。
これで、川内原発は、運転中の2号機と合わせ、2基とも稼働した状態。

「事故が起きれば日本で最も危険」といわれている川内原発だけに、心配は絶えない。

華やかな師走の街の電飾を、無邪気に喜べないのは私だけかな……?


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-09 09:35 | 川柳(課題別) | Comments(2)

「川柳番傘12月号」

番傘川柳本社(大阪市北区)発行の
「川柳番傘12月号」を紹介。144ページ。

表紙絵は「忘年会」。

e0322827_15395944.jpg


~同人近詠(田中 新一選)より一部抜粋~

《巻頭》
余命宣告されたおとうと落ち葉焚く
木犀匂うふりむく坂はモノトーン
泣ききってさあ始めよう終の章
(桜井/太田のりこ)


レコードの溝にデュランが立ち上がる
抵抗の詩人と同化した時代
オチのない人生なんて笑えない
(奈良/菱木 誠)

どうせなら笑って生きる眉を引く
そんな夜も越えてきたのか花の芯
さよならの色でしっかり玉結び
(宮崎/中武 弓)

ふりむけば足跡乾くカタツムリ
ほどほどにできぬ日もある酒の席
恋人のまんまで秋をやりすごす
(宮崎/間瀬田紋章)

猫には猫の苦労があって爪を研ぐ
朗報になんで口止めついている
穏やかに積もう火種は消したふり
(薩摩川内/石神 紅雀)

橋渡りきったら新しい私
月を買う話が漏れるウサギ小屋
偏った私を笑うリトマス紙
(佐賀/真島久美子)

脳トレとも思う草稿のマス目
居酒屋へ孫に呼ばれて酌み交わす
誕生日ごとに深まる酒の味
(香川/安田 翔光)

雲の心も抱き寄せてみる冬ごもり
冗談の下手な息子の風の歌
傷口へ父母の思い出二つ三つ
(都城/主税みずほ)

夕日浴び信号待ちの救急車
TPP何があろうと牛のそば
(宮崎/岩崎 哲)

巡り会い牛にお世話になってます
うしろにも目のある妻がいてくれる
(宮崎/中武 重晴)

アート掻き立てる一個の柿のいろ
遠心力信じる自転車とわたし
(福岡/冨永紗智子)

虫が鳴く今日一日は地震がない
負の遺産仕分けしているごみ袋
(熊本/黒川 孤遊)

まだ少し仕組むわたしに詩が出る
生きられる感謝いのちを抱きしめる
(別府/小代千代子)

非難所は眠る魂目を醒ます
ひと掬いの波に崩れる砂の塔
(宮崎/西岡 南風)


~誌友近詠(森中惠美子選)より一部抜粋~

《巻頭》
ひと休みしたら欲など消えていた
あの人はしたたかだけど憎めない
旅先の祭りと出合う国自慢
(名古屋/冨田 末男)


老人力燃える夕陽を身に浴びて
毛糸編む冬の足音聞きながら
金が要る浮世の義理の裏表
(札幌/小林 宥子)

にんげんの仮面がずれる暮れの街
一年の埃を払う魔女聖女
介護録だけ残される十二月
シャッフルの音のジングルベル響く
用途不明のネジが溜まってゆく師走
(宮崎/さわだまゆみ)


草もみじひとり娘も嫁に行く
モノクロの街に青春育てられ
折り紙が未知の世界へ連れてゆく
(宮崎/永友 淳子)

空腹も耐えてスクラム組んだ過去
本心をさらして世間広くなる
井の中を出てから五欲加速する
(宮崎/日高 賀邁)

老いの知恵格安ですがいかがです
若い血は大歓迎と献血車
二人よし一人もよいと酒が言う
(鹿児島/馬場ナオミ)

傷だらけを温めるなら秋夜長
ひとつしかない答えなどつまらない
ふたりいて心にひだまりができる
(薩摩川内/春田あけみ)

減反を孤高の案山子守りきる
真っ赤な夕日妻と眺めた日を偲ぶ
(宮崎/富田 博)

まだ風と暮らしているか母の文
たっぷりの恩真っ直ぐな樹に育て
(宮崎/肥田木聞明)

置き去りの拉致無常にも除夜の鐘
性悪な女優二世を隔離する
(鹿児島/松本 清展)


◆前月号近詠鑑賞

〈同人の部〉(東京/おかの蓉子)より
着ぐるみの中で泣きます怒ります(真島久美子)
深呼吸三回反論は静か(冨永紗智子)
地震の痕名月のシャワーがそそぐ(黒川 孤遊)

〈誌友の部〉(福岡/益永 克之)より
老いの手に小さな夢を転がせて(小林 宥子)
青信号リズムに合わせ通りゃんせ(平本つね子)
チャレンジャーまだ伸び代を抱いている(永友 淳子)


★課題吟「自由」(各務原/新海 照弘選)より

自由化の波にのまれてゆく弱者(安田 翔光)
莫大な金を自由にする夢想(日高 賀邁)
足元にあった自由という踏み絵(真島久美子)
存分な自由孤立が深くなる(冨永紗智子)
自由人気取り手放さないスマホ(さわだまゆみ)
自由時間貧乏症がうろたえる(真島美智子)
自由ですどこで死のうと生きようと(小林 宥子)
托鉢の風に吹かれる山頭火(馬場ナオミ)
自由ではなかった政治活動費(松本 清展)
世界一住みたい国にある自由(茶谷 好太)

★イメージ吟〈No.14〉(大津/小梶 忠雄選)より
この中の一つ私の守り札(山下 華子)
運命の女神は僕をすり抜ける(菱木 誠)
ここまでは礼儀正しいけんか凧(松本 清展)
あまだれが四角に見える日のわたし(冨永紗智子)
たんぽぽの種が四角になりました(春田あけみ)
散らかしたまんまなのねえお母さま(馬場ナオミ)
勢いにつられ座布団とまらない(西村 正紘)
眠くなるしあわせ空を飛んでます(若山 宗彦)

★友の会「変わる」(一宮/小川 加代選)より
個性的良くも悪くも変わり者(平本つね子)
日常の景色も変わる癌告知(さわだまゆみ)
変身をしすぎ自分に戻れない(太田ちかよし)
吹っ切れたようだ瞳が澄んでいる(井芹陶次郎)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-06 15:20 | 川柳誌 | Comments(2)

『お好み焼き』川柳

昨日は、午後6時から「信さん」で、お食事会でした。

e0322827_11444072.jpg


野菜炒め、塩ホルモン。
e0322827_11444327.jpg


お好み焼き・シーフードミックス。
e0322827_11444567.jpg


お好み焼き・もちチーズ。
e0322827_11444863.jpg


デザート・ティラミスアイス。
e0322827_11445149.jpg


美味しくて楽しいひとときでした。
Kさん、Oさん、ありがとうございました。
ご馳走様でした。


*************************


課題「お好み焼き」の川柳を集めてみたが、残念ながら少なかった。

【お好み焼き】
交際はお好み焼きの程度なり(深野 吾水)
お好み焼きおんな本音を裏返す(由良 寿子)
生きているからお好み焼きのコテをもつ(森中惠美子)
イメージもお好み焼きも裏返す(森中惠美子)


【鉄板焼き】
あなたとの距離に鉄板焼き匂う(上松 爪人)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-03 11:20 | 川柳(課題別) | Comments(0)

『飴』川柳

e0322827_14283487.jpg

アサヒグループ食品㈱販売のキャンディ「濃ーいブルーベリー」(ビタミンA、ビオチン含有)と「濃ーいマンゴー」(ビタミンA、C含有)がお気に入り。

のどが乾燥しやすいこれからの季節は特にキャンディが欠かせない。

*************************

課題『飴』の川柳を集めてみた。

【飴】
飴細工結局食べるほかはなし(外山 瓢人)
お多やん飴どこを切っても嘘がない(石丸 たか)
いろいろあってアメで内堀埋められる(堀口 辰子)
僕を知りぬいてるひとが飴をくれ(博多 成光)
何事もお気に召すまま飴細工(若谷 哲夫)
飴と鞭の飴にころんでから無口(小松原爽介)
飴なめて月ありありと欠けている(田口 文世)
酒も飴もと男の傘寿賤しかり(板木 継生)
ひやしあめゆ十円札があった頃(柿山 紘輝)
針箱に飴玉 鈴振る母の帰らざる(墨 作二郎)
鞭使わず飴で教える調教師(川平 朝義)
沖縄の至る所に飴が落ち(城間キミ子)
のど飴が廻りおしゃべり弾みつく(城間キミ子)
飴ひとつもらい奈落についてゆく(西出 楓楽)
とりあえず飴をしゃぶろう自由席(児玉 幸子)
旅続く飴をあげたり貰ったり(天谷由紀子)
抵抗もここまでアメが溶けている(和泉あかり)
切り札はないが飴なら持っている(高瀬 霜石)
飴売場いろんな夢をありがとう(団野 幸子)
飴だけで育って辛い娑婆の風(佐野 越子)
飴とムチうまく使って主夫育て(加藤ゆみ子)
飴と鞭沖縄哀史まだ続く(渡嘉敷唯正)
一瞬に少女になったりんご飴(三村 舞)
おじさんの吹いた息買う飴細工(山口 幸)
噛みつきそうな犬にも飴玉を上げる(斎藤はる香)
金太郎飴の中味にマニフェスト(田中 士郎)
金太郎飴ばかりでやはり社は潰れ(松尾 龍男)
五文足袋飴とはしゃいだ七五三(原村ゆき子)
三世代のパイプへ飴玉を流す(山本野次馬)
将来の指揮棒となれ千歳飴(朝海 正雄)
千歳飴持つ子に銃は持たせない(只木すもも)
抽象な話の中で飴を咬む(泉 佳恵)
毒舌を伏せ金太郎飴になる(上村 脩)
どんな橋渡るか重い千歳飴(畠山 軍子)
伸ばす人気合を入れて飴と鞭(大川 晩翠)
夫婦仲塩飴ほどの味加減(杉山 静子)
ふたつめの飴をほおばる世の矛盾(吉田 秀哉)
ポケットに飴玉がある調教師(川上 大輪)
メルヘンの星屑飴になりました(吉川 哲矢)
ライバルに飴を贈って負け戦(土藏 芳竹)
りんご飴これも運命だと悟る(河合美絵子)
老人会飴を貰って派閥入り(堀 悠児)
飴一つ乾いた海を満たされる(蛙鳴)
飴なめたらしい野心が見えかくれ(妻子)
沖縄は僅かな飴でごまかせぬ(昇)
おばちゃんのアメ大阪の味がする(古久保和子)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
by ringo-utahime | 2016-12-01 18:25 | 川柳(課題別) | Comments(0)