ブログトップ

りんご詩姫のブログ(新)

『入学』川柳と俳句

入学の春!!

中学校の入学式が昨日4月10日(月)、小学校の入学式が今日4月11日(火)の宮崎。

遅れていた桜がようやく咲いたというのに、昨日から雨になってしまった。



e0322827_10310396.jpg


課題『入学』の川柳と俳句を集めてみた。
残念ながら、川柳は少なかった。


川柳【入学】
新入生その輝きを消さないで(池崎 清子)
狭き門千両箱がくぐり抜け(田村 青丘)
入学日親の衣装に子がかくれ(中野 秀雄)
入学入園車よ徐行しておくれ(寺本つねお)
神参り一役かった荷をおろす(秀平美代子)
学費ゼロの高校合格親孝行(鈴木 誤差)
入学の頃はマジメで純だった(山田 風流)
一年生競争社会に仲間入り(後藤正太郎)
カネで入学コネで入社をした背広(平井 綾女)
飛入学世知辛い世の親助け(細川 秀幸)
入学のどの子もみんな王子様(河合 博一)
晴れ姿親が楽しむお入学(早坂冨司子)
分校にさくら入学式がない(白石 春嶺)
変身のきざし入学式のママ(大久保利彦)


俳句【入学】(季語=春)
わが孫の村嬢と群れて入学す(水原秋桜子)
目水晶入学の子のあはれかな(川端 茅舎)
入学の吾子人前に押し出だす(石川 桂郎)
肩いからせ最も小さき小学生(林 翔)
入学の子に見えてゐて遠き母(福永 耕二)
春日に透く翅生えて吾子入園す(能村登四郎)
近道は地蔵通りや入学子(北柳あぶみ)
一学期一たす一が聞こえるよ(戸田 火狩)
鉛筆に残る歯のあと合格す(吉野トシ子)
とんとんと二回を降りて合格子(豊田八重子)
進学生襟足青く上京す(篠宮 信子)
腕白のズボンずり上げ進級す(小県 一雄)
入学式の真中何か落ちる音(衣斐ちづ子)
聞かん坊入学前途多難なり(桑垣あづさ)
夭折のさだめと知らず入学す(秋山 卓三)
空色は男の色よ新学期(田島 秀子)
大梯子掛け入学者発表す(佐伯 哲草)
入学やはじめて手にす定期券(村上 桂月)
父の意に添はぬ学部に入学す(小堀 弘恵)
牧の子は藁のにほひや入学す(稲生 正子)
出迎への校旗が波止に新教師(星野 秀則)
頬燃えて立つ壇上の新教師(田中 俊尾)
男児たる眉目開きて入学す(大北夏一路)
入園式こわれそうに泣く子が一人(熊谷 勅子)
入学の長身の吾子ふとまぶし(畠中じゆん)
入学の子の顔頬に大人びし(高浜 虚子)
入学の朝ありあまる時間あり(波多野爽波)
これはさて入学の子の大頭〈つむり〉(山口 誓子)
入学の子のなにもかも釘に吊る(森賀 まり)
学帽を耳に支へて入学す(上野 泰)
入学児手つなぎはなしまたつなぐ(右城 暮石)
ツベルクリン薔薇色に出て入学期(三嶋 隆英)




e0322827_11335466.jpg


新しいセーラー服姿も可愛い佐賀の真島 凉ちゃん。
ご入学おめでとうございます!!
楽しい学生生活を送ってね。


※写真のブログアップには許可をいただきました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
[PR]
# by ringo-utahime | 2017-04-11 07:40 | 川柳(課題別) | Comments(2)