宮崎番傘川柳会(間瀬田紋章会長)発行の
「川柳みやざき春季号(169号)」を紹介。
44ページ。

e0322827_17064162.jpg


◆巻頭言
宮崎の文化(間瀬田紋章)


◆近詠『尾鈴集』(高峰 桂介選)〈36名参加〉より抜粋

彩りと色子どもながらの曼陀羅華
ことばことば人間を生む詩を生む
(宮崎/西岡 南風)

新年の風切り刻むテロリスト
聖地巡礼ポケモンGOと初茜
寒ぼたん愛でて独りの雑煮椀
スッピンで笑う美魔女の寝正月
恵まれていて情のない黄水仙
肩書を抱いてハートのないおんな
思い出になるまで返す砂時計
究極の親孝行へ宇宙葬
(宮崎/さわだまゆみ)


餅焼ける匂いの中に愛あふれ
初孫の笑顔大吉より勝る
(宮崎/間瀬田紋章)

捨てきれぬ煩悩と行く遍路みち
十円玉あれば弾んだ昭和の子
(宮崎/江藤九州男)

冬銀河小さな椅子を置いておく
頼られて頼って太い毛糸編む
(宮崎/中武 弓)

西陽から前向きの色選っておく
立ち直る心の傷とバイキング
(都城/主税みずほ)

帰る子に長ネギの土かけて待つ
明け方の神楽は客も神と舞う
(川南/甲斐 雅人)

子沢山物干し竿に有る喜劇
勝敗はもうついてます妻笑顔
(宮崎/馬場さだお)

穏やかな時が流れる経の声
甘い誘い罠の話と知りながら
(宮崎/日高 賀邁)

ひとつだけ覚えた芸に救われる
芸術を語るに髭をたくわえる
(薩摩川内/石神 紅雀)

除夜の鐘は騒音煩悩溢れだす
飽食の舌が刺激に飢えている
(宮崎/棧 舜吉)

待ちに待ったコンサートへと春コート
切り取った景色の中にある居場所
(宮崎/七條 美千)

断捨離で狂い始めた砂時計
やり残しがあるから生きる前を向く
(宮崎/太田ちかよし)

冷め過ぎたカレー離婚のプロローグ
噛みしめるスルメ親父が蘇る
(宮崎/河野 芳柳)

古里の道疎くなる八十の杖
老友の青春気取る年賀状
(宮崎/柴崎 幸風)



◆私の風〈エッセイ〉

港(金井 一光)

新しい風(佐藤こうじ)



◆第37回 課題吟


【手帳】  吉井 楼太選より抜粋
入選
介護した手帳に母のマルとバツ(甲斐 雅人)
空白の手帳きままな定年後(桜木 えり)
誕生日みんなで覗く母子手帳(高峰 桂介)
母子手帳の魔法おんなを強くする(さわだまゆみ)
何年も同じ手帳で足りている(石神 紅雀)
ボロボロの骨を抱いてる古手帳(西山なずな)
破られた手帳の箇所に在る火種(太田ちかよし)
佳作
サクラ前線手帳のメモを染めて行く(主税みずほ)
過去からの手帳が胸をノックする(中武 弓)
今日という手帳にどんな絵を描こう(植田のりとし)
特選
欲も悟りも白い手帳が喋りだす(西岡 南風)
軸吟
過労死の責を糺している手帳(選者)

【さらり】 さわだまゆみ選より抜粋
入選
黒帯はさらりと短所攻めてくる(柴崎 幸風)
お誘いをさらりとかわす自惚れ屋(桜木 えり)
舌三寸さらりと躱し切り抜ける(七條 美千)
憎しみをさらりと流す男の背(佐藤こうじ)
小悪魔はさらりと嘘を言って退け(三輪 治夫)
弱音などさらりと吐いて酒にする(石田 酎)
佳作
愛という言葉をさらり投げてくる(間瀬田紋章)
意を決しさらりと書いた離縁状(太田ちかよし)
縁談をさらりと躱す社のホープ(やすの喜宏)
K点をさらりと越える恋がたき(植田のりとし)
特選
忠告をさらりと言える友がいる(南村のりお)
軸吟
悲喜劇をさらりと閉じる訃の知らせ(選者)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

[PR]
# by ringo-utahime | 2017-03-11 17:30 | 川柳誌 | Comments(2)

「川柳番傘3月号」

番傘川柳本社(大阪市北区)発行の「川柳番傘3月号」を紹介。
138ページ。

表紙絵は「菜の花畑」。

e0322827_00133326.jpg



~同人近詠(田中 新一選)より抜粋

《巻頭》
笑わせているのに笑えない喜劇
すっきりと別れ上手な鬼の面
(飯塚/坂本 喜文)

心配もそこそこあるがよく眠る
弱点をさらしサイコロ振ってみる
(別府/小代千代子)

図太く生き抜いて泣きながら笑う
全てを失っても青空がある
(香川/安田 翔光)

私を裸にします雪明かり
意地悪な言葉は風にしてしまう
(宮崎/中武 弓)

冥福を祈ってみても風は風
翼などいいから子育てをしよう
(佐賀/真島久美子)

生きようともがいて不意に来る傘寿
真っ白な飯から香るありがたさ
(熊本/黒川 孤遊)

トンネルを抜けて一気に国訛り
計算がゆれる尻尾の先ゆれる
(福岡/冨永紗智子)

脚本に野望を足して語尾渇く
アンダーライン昭和の風を宿します
(都城/主税みずほ)

子の話だけで別れためぐり会い
神々の歩いた道を登山靴
(宮崎/中武 重晴)

痛み止め飲んで新年やり過ごす
春嵐もう許されぬ恋の種
(宮崎/間瀬田紋章)

そんなこともあるさと言われ生き延びる
服を脱ぐおんなの踵美しい
(薩摩川内/石神 紅雀)




※私は、久し振りに巻頭次席に掲載していただいた。


~誌友近詠(森中惠美子選)より抜粋~

《巻頭》
君となら転んでみるか春の坂
ほほ笑んで母は夕日に溶けました
(大阪/桑原すず代)

母さんの遺影が笑う雛飾り
西行塚の桜に会いにゆく彼岸
彼岸桜母恋しいと泣いている
バッカスに翻弄された父の悔い
仲直りの姉妹を包むあずき飴
ラーメンで仕切り直しをするおんな
(宮崎/さわだまゆみ)


在りし日の祖父母はでんとして柱
突っ走る赤信号のように恋
(鹿児島/馬場ナオミ)

酸欠にならないうちに遊びます
鏡から罪のありかを見せられる
(薩摩川内/春田あけみ)

想い出がポツリポツリと冬帽子
遠い昔指切りをした冬の駅
(大牟田/山下 華子)

老いてゆく君がこんなに愛おしい
ガンバラナイこれも一つの選択肢
(福岡/平本つね子)

花野ゆく母にはきっと南風
うたかたの命を惜しむ寒昴
(札幌/小林 宥子)

支援する側に戻され靴みがく
ジョーカーを引いてしまった星条旗
(宮崎/江藤九州男)

決別ができぬ彼岸のなごり雪
独り住みパントマイムに暮れる部屋
(宮崎/永友 淳子)

免許証返して旅の軽い脚
歳月に疵の記憶はついてくる
(宮崎/日高 賀邁)

こだわりも嘆きも包む里の風
不器用だからこそ母が愛おしい
(宮崎/肥田木聞明)

厄を背負う今年の干支はお人好し
逝く鶴が余命継いでと哭く出水
(鹿児島/松本 清展)


◆課題吟「こだわる」(宮崎/主税みずほ選)より抜粋
雑草の意地がこだわりみせてくる(肥田木聞明)
こだわりのジビエに逢える雪の宿(森園かな女)
母さんがまだ譲らない仕舞風呂(平井 義雄)
ミクロンに拘りがある町工場(井芹陶次郎)
朝駆けの事件を綴る記者の手記(原 馨)


◆イメージ吟〈No.17〉(大阪/西 美和子選)より抜粋
石垣の割れ目の涙息をする(富田 博)
四次元へ行き来できない壁がある(日高 賀邁)
認めあい細い絆に身を寄せる(冨永紗智子)
わたくしがわたくしでなくなる恐れ(馬場ナオミ)
恋心忘れ前頭葉乾く(真島久美子)
いのち渇いて核心までが不明です(主税みずほ)
こんな顔ですが笑っているつもり(藤本 秋声)


◆各地句報1月句会より抜粋
《宮崎番傘》
陣痛なんて子の可愛さに比べれば(紅雀)
線引きを違えて着地あみだくじ(舜吉)
バチバチの値踏み女の初対面(敬女)
痛いとこつつき合っても夫婦独楽(こうじ)
ご破算の出直しをする鶏一羽(美千)


◆友の会「スピード」(名古屋/鍋島 香雪選)より抜粋
ネギ刻むスピード嫁にまだ負けぬ(永友 淳子)
生活のスピード落とす介護の灯(さわだまゆみ)
スピードを落として今を見極める(肥田木聞明)
なぜ急ぐ自転に任せ生きようよ(富田 博)
スピードで小型力士が立ち回る(谷口 尚)


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

[PR]
# by ringo-utahime | 2017-03-06 23:45 | 川柳誌 | Comments(0)

宮崎番傘2月句会

2月12日(日)13時より、西地区交流センターにて、宮崎番傘川柳会(間瀬田紋章会長)2月句会を開催。

e0322827_07585196.jpg

e0322827_07585486.jpg

e0322827_09102011.jpg

出席23名+欠席投句9名=計32名。

※私の入選句と上位入選句を下記に紹介。

脇取りは、宮崎よしひさ・太田ちかよしの宮番推奨ハーモニーコンビ。

e0322827_08102152.jpg


【弁当】 七條 美千選
入選 ブログアップの弁当箱に詰める見栄(まゆみ)
止句 黒こげの弁当箱よ原爆忌(まゆみ)
佳⑤ 廃棄弁当食べてオーナーらしくなる(紅雀)
佳④ 枯れぬ恋弁当箱のかくし味(みずほ)
佳③ 弁当に昭和の穴があいたまま(喜宏)
佳② 花の散る音に揺れてるお弁当(みずほ)
佳① 弁当をあけると聴こゆ母の唄(喜宏)
準② 郷愁は母のにぎりの塩加減(九州男)
準① 立ち直るきっかけくれた塩むすび(のりとし)
特選 弁当の底は大きな母の空(敬女)
軸吟 父宿直張り切る母の手弁当(美千)


【目覚まし】 主税みずほ選
入選 お味噌汁目覚めしに飲む二日酔い(まゆみ)
止句 アイドルの声で起こしにくるスマホ(まゆみ)
佳⑤ 目覚めしの鳴るのを待てぬ大事な日(紅雀)
佳④ 目覚ましはかけぬスマホに起こされる(紋章)
佳③ 母目覚め介護始動のベルが鳴る(敬女)
佳② 晩成の目覚まし時計まだ鳴らぬ(のりとし)
佳① 目覚ましに夢の続きを壊される(せつこ)
準② お目覚まし故人を語る酒の量(紋章)
準① 目覚まし時計いらない父のゴルフ好き(まゆみ)
特選 煩悩の虫が目覚める除夜の鐘(桂介)
軸吟 いのちの旅の目覚ましになる父の森(みずほ)


【冬眠】 馬場さだお選

止句 桃の咲く日まで冬眠おひな様(ちかよし)
佳⑤ 抽出しで冬眠中の料理本(せつこ)
佳④ 忌明けまで冬眠させる恋ごころ(まゆみ)
佳③ 冬眠に窓際の椅子消えている(美千)
佳② ライバルの冬眠中に羽繕い(弐恵娘)
佳① 冬眠の覚めることなく退職日(こうじ)
準② 冬眠からさめない母の認知症(まゆみ)
準① 冬眠中一言居士も鳴り潜め(碌詩)
特選 人間不信冬眠といういのち抱く(みずほ)
軸吟 冬眠に備えて嫁が太りだす(さだお)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
# by ringo-utahime | 2017-02-13 07:30 | 川柳句会 | Comments(2)

2月5日(日)午前11時半より、朝日新聞宮崎総局にて、
2016年度の短歌・俳句・川柳、各部門の「年間賞」「奨励賞」の授賞式があった。
今回で第10回。

e0322827_08560843.jpg


《短歌部門》 永峯 麗子選
年間賞(延岡市)片伯部りつ子
奨励賞(小林市)笹尾 怜子

《俳句部門》 岩切 雅人選
年間賞(延岡市)山口 彰子
奨励賞(高鍋町)松浦奈保子

《川柳部門》 さわだまゆみ選
年間賞(宮崎市)馬場さだお
奨励賞(宮崎市)宮崎よしひさ


おめでとうございます!!

e0322827_08561044.jpg

e0322827_08561231.jpg

e0322827_08561477.jpg

e0322827_08561661.jpg


※2016年度の川柳欄、お二人の選者評付き(1・2席)入選句を紹介。

《馬場さだお作品》
鈍行の味を覚えた老いの旅
ボランティア綺麗に咲かす老いの花
背伸びして一歩踏みだすハイヒール
ポストまで百メートルにある美学
堂々と角を隠さぬ嫁が来る
想い出が宝となってゆく寒さ
失語症すすむ過疎地の案山子たち
人間の欲に驚く深海魚
躓いた坂が微笑みかけてくる
子の帰省貧乏神を連れてくる
生きている証拠の趣味が跳ねている
ポイントをたくさん溜めた不用品
アナログに還り平和を取りもどす
太陽を抱いて介護の任につく



《宮崎よしひさ作品》
憎むことに疲れ深夜のカップ麺
ことさらに正論ばかりかたつむり
煙草買う目的のあるウォーキング
ふるさとの空き家が重いひとりっ子
水を買う世にもキラキラ岩清水
名画座に光と影のパラダイス
解きかけのパズルが残る母の部屋
リストラに遭ってゴーヤが好きになる
ひだまりの定位置妻と午後のお茶


e0322827_08561849.jpg


e0322827_09084696.jpg


記念撮影のあとは、受賞者・選者・新聞社スタッフが揃っての会食。
14時閉会。

皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]
# by ringo-utahime | 2017-02-06 08:30 | 新聞川柳 | Comments(0)

「川柳番傘2月号」

番傘川柳本社(大阪市北区)発行の「川柳番傘2月号」を紹介。
146ページ。

表紙絵は「白梅」。

e0322827_23591867.jpg


~同人近詠(田中新一選)より抜粋~

《巻頭》
言い訳を雪に呟きまだ独り
病身の粥一碗に神宿る
(門真/坂本星雨)

捨てる力生きる勇気の顔になる
遅くないここはおんなの隠し味
(別府/小代千代子)

大やけどするワタクシの好奇心
わくわくと不幸話を聞きに行く
(佐賀/真島久美子)

難題を黙って飲んだのは女
山の端に夕日すとんと立ち話
(薩摩川内/石神 紅雀)

ネットカフェ孤独が深い25時
無念にも五欲の一つ消えました
(福岡/冨永紗智子)

借りみんな返したような富士登山
忠告を噛み締めながら見る夕日
(宮崎/中武 重晴)

悔しさにシャリシャリシャリと霜柱
着膨れた心を少し脱ぐことに
(宮崎/中武 弓)



~誌友近詠(森中惠美子選)より抜粋~


《巻頭》
胸の奥流れつづける里の川
また明日があるさと夕陽あたたかい
(熊本/原 萬理)

賞味期限切れて戻ってきたあいつ
信念が行方不明になって酔い
(宮崎/江藤九州男)

母の死をまだ受け入れぬ冬銀河
ベテランの寡婦を自負する冬花火
ぼやき酒くるむ場末の割烹着
自信過剰と欲の深さにやけどする
ジグソーパズル蹴飛ばしている離婚劇
(宮崎/さわだまゆみ)


初めての味噌汁妻は笑いだす
核心を突かれおどけてはぐらかす
(宮崎/日高 賀邁)

君なしでは生きてゆけぬとキリギリス
ひとつ灯の下でそれぞれ物思い
(鹿児島/馬場ナオミ)

北国の月はしんしん冷めたかろ
迷いですかゆっくり月が昇りくる
(薩摩川内/春田あけみ)

平穏なひと日を信じ紅をさす
如月の川が蛇行を許さない
(宮崎/永友 淳子)

感謝して明日に託した木守柿
子還りの母に優しい杖となる
(宮崎/肥田木聞明)



◆課題吟「睨む」(埼玉/青木 薫選)より抜粋

私の睨んだ人だ狂いなし(山下 華子)
三度目の遅刻みんなの目が痛い(馬場ナオミ)
寒風に負けじと睨む奴凧(平本つね子)
新型を睨み中古で我慢する(中武 重晴)
雲行きを睨んでやおら打って出る(安田 翔光)
働き過ぎを一番星に睨まれる(冨永紗智子)
夕焼けを睨み明日を読んでいる(真島 清弘)
原発の行く末睨み空と海(さわだまゆみ)
睨めっこ妻に全敗しています(鈴木 咲子)


◆イメージ吟〈No.16〉(大阪/西 美和子選)より抜粋
温暖化やがてこの木も絶滅種(太田ちかよし)
樹木にも大器晩成型がいる(松本 清展)
日本の森がこんなんじゃ困ります(横尾 信雄)
簡単な答えでしたね風は風(真島久美子)
千年を目指す若木の逞しさ(安田 翔光)
木の匙が母を童女へ巻きもどす(さわだまゆみ)
丘陵に夫婦の起点蘇る(日高 賀邁)
背伸びして浮いていたのは僕なのか(平本つね子)
太陽がもうすぐ出ます根っこから(坂本 常意)


◆各地句報12月句会より抜粋
《入来わくわく番傘》
迷信をひゅいと跨いで式挙げる(紅雀)
力量はここまでと知るペンの先(あけみ)
跳び箱にまず跨がって明日をみる(南風)
この線を越えると蝶になるらしい(孤遊)
水引いたあとの荷物が下ろせない(清展)
《宮崎番傘》
ひとりっ子肩に重たい介護持つ(せつこ)
押入れに戦後の暮らし置いたまま(喜宏)
終章は天に舞いたい花吹雪(敬女)
触るなと言いつつ握る介護の手(九州男)


◆友の会「方角」(京都/藤本 秋声選)より抜粋
建前の席で方角気にはせぬ(永友 淳子)
吉方を気にして決まらない進路(さわだまゆみ)
旋風方位決まらぬ風見鶏(富田 博)
方角を信じて歩き出す仲間(肥田木聞明)
あの世への迷路方角まちがえた(松本 清展)
逆方角今日も見ている風見鶏(太田ちかよし)



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

[PR]
# by ringo-utahime | 2017-02-04 17:30 | 川柳誌 | Comments(0)