「川柳番傘7月号」

番傘川柳本社(大阪)の「川柳番傘7月号」を紹介。
表紙絵は「瀬田の夏」(高岡秀造・カット)。

e0322827_13421027.jpg

主幹の田中新一さんが巻頭言で、幹事長に菱木誠さんが就任されたことを報告されていたのを見て、すぐに誠さんにお祝いメールをした。
誠さん、おめでとうございます。ますますのご活躍をお祈りいたします。

同人近詠欄の主税みずほさん、誌友近詠欄の中武弓さん、共に4席目に掲載の快挙で、嬉しい。同じ宮崎県在住の川柳作家として、とても鼻が高い。
みずほさん、おめでとうございます!!
弓さん、おめでとうございます!!
(*^ー^)ノ♪


*************

~同人近詠(田中新一選)より~

よく笑う記憶の中の風車
借景に置いた見事な自分色
さよならへビルの谷間のもつれ糸
夕焼けへ母が認めた紙オムツ
母がいてまだ家系図の底力
老いの坂がんじがらめに試される
(都城/主税みずほ)

直線に飽きたら右に曲がりたい
わが軍を平和のために四散する
いつだって魔の方角に正義感
人殺す武器が地球を搦め捕る
国境の向こうも同じ月を見る
決めたのは私で捨てるのも私
(奈良/菱木 誠)

正直な月に私を覗かせる
水色になった秘密がこぼれ出す
チョコベビーぽつりぽつりと待ち時間
付き合ってあげる子どもの指しゃぶり
ゆらゆらと思考回路が帰らない
(佐賀/真島久美子)

人生のピンチも笑う句にしよう
やわらかく心に染みる島唄よ
ゆるゆるの愛に転びそうな女
まだ泣かないまだ泣けないよホウセンカ
(薩摩川内/石神 紅雀)


~誌友近詠(住田英比古選)より~

ふりだしに戻る羅漢に会いに行く
懸命に白さを見せる沙羅の花
還暦へたくさん増やす笑い皺
動物園無垢な瞳に癒やされる
カラフルな水着が躍る海開き
弁当の真ん中でかい玉子焼き
(宮崎/中武 弓)

赴任地へ方言というパスポート
江戸小紋母の気配がまだ残る
残り火が堂々巡りばかりする
生涯を恋していたい草書体
(宮崎/永友 淳子)

人間の輪切りが得意なのは医者
五千歩の辺りで別れようと決め
見ているよお天道様がちゃあんとね
(鹿児島/馬場ナオミ)

箪笥屋のやたらぎくしゃくするタンス
採決に勝って修復案を練る
テレビ味方にしたたかな読みみごと
(鹿児島/松本 清展)

七夕はきっと晴れると短冊に
七夕の逢瀬嫉妬の雨が降る
柘榴割れ女の夏が弾けだす
(宮崎/川崎 敬女)

ヨサコイの汗がまぶしい一目惚れ
だんじりへポニーテールも跳ねる夏
エンディングノートへ咲かす遠花火
(宮崎/さわだまゆみ)

聞こえます内緒話の低周波
人により尊厳の価値違うかも
ドローンにも左傾新聞正義感
(宮崎/自流 譲)


~課題吟「乗る」(柏野 遊花選)より~
少し曲がって父さんのバイクの背(真島 清弘)
遺言が乗るな乗るなという話(中武 重晴)
マエストロのタクトに乗せるブラームス(冨永紗智子)
サーフィンのリズム方程式を解く(真島美智子)
老いを看る老い乗り切れる法がなく(松本 清展)
鈍行に揺られて果てのない旅路(菱木 誠)
ポンコツ車だまし騙して乗っている(西村 正紘)


~各地句報5月句会(森口 美羽抄)より~
《宮崎番傘》(九州男報)
子が巣立ち夫婦ごっこはやめにする(紋章)
飛び級の人事異動に裏話(幸風)
落丁の過去には触れぬウエディング(まゆみ)
裏話聞けば美談がかすみだす(信)
水割りの向こうにママの秘話がある(敬女)
裏話みんな大好き風に乗る(美千)
いつからかページ白紙になる日記(博之)
逆境の中で輝く一ページ(植田のりとし)
為すべきを成して夕日は落ちてゆく(九州男)
《入来わくわく番傘》(あけみ報)
高らかに祈りは泳ぐ鯉のぼり(紅雀)
三度目でもうあなただと決めていた(あけみ)
心にもない祈りだと神が言う(芙蓉)
笑わないで拾った運が逃げるから(しげき)


~友の会のページ~
課題「芝居」(墨崎 洋介選)より

村中が役者になって里の秋(川崎 敬女)
月光に刃が光る村芝居(富田 博)
婚活に賭けるルージュの演技力(さわだまゆみ)


*************


※月刊「川柳番傘」購読お申し込みは下記へ。

《番傘川柳本社》
TEL./06-6361-2455
FAX./06-6361-2456
振替/00970-0-26919

半年分/4500円(送料込)
一年分/8400円(送料込)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

[PR]

by ringo-utahime | 2015-07-03 13:35 | 川柳誌 | Comments(6)

Commented by h82261765 at 2015-07-03 16:08
郵便受け見に行ったらまだ着いてないよ。まつやまも着いてない。
落ち込むんだよな。
ここが
如何に田舎か思い知らされて(笑)


文中の
主幹名は
「新一」ですよ。
Commented by ringo-utahime at 2015-07-03 16:22
清展さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

まだ郵便が着いてないんですね。大雨のせいかも知れませんね。
早く梅雨明けして欲しいです。

漢字変換間違い、訂正いたしました。いつも、ありがとうございます。

m(__)m
Commented by kojiro-nomama at 2015-07-03 17:40
りんごちゃん
本当に早いことしましたね。
ありがとうございます。
h82261765さん、実はうちも田舎でまだ今日も着いてないです。
私は、皆さんからのオメデトウメールで知りました。
控えておいたノートの句を見てナルホド( ̄▽ ̄)うへへへ
Commented by ringo-utahime at 2015-07-03 17:53
さくら草さん家もまだ未着なんですね。
明日かな?
楽しみは先伸ばしでも良いですよね。

(^_-)≡★
Commented by 翔龍 at 2015-07-04 10:22 x
句会には出向かず、投句もほとんどしない私ですが、
先週の日曜28日、二年ぶりに大川川柳大会に行ってきました。投句合わせて100名ほどの参加者でしたが、
やはり生の句会は楽しい。ほぼ全没の結果であっても
熱気むんむん楽しい時間を過ごしてきました。
Commented by ringo-utahime at 2015-07-05 17:42
翔龍さん、こんばんは。

大川川柳大会へ行かれたのですね。お疲れ様でした。
佳句に会いに行く、そして川柳仲間に会いに行くのが目的の《川柳大会》は、楽しくて勉強になります。

8月23日(日)に「第4回 宮崎県現代川柳大会」を開きます。ぜひ、ご参加くださいませ。
お待ちいたしております。

(^-^)/