『月下美人』川柳と俳句

e0322827_06051053.jpg

e0322827_07251302.jpg


先週、友人が「りんごの詩」に月下美人を持って来てくれた。

月下美人
は、クジャクサボテン類。原産地はメキシコの熱帯雨林で、非耐寒性。日本では6~11月に咲く。花は白く、香りが強い。夜に咲き始め翌朝までの一晩でしぼみ、めしべに他家受粉が起きなければ散る。開花中の花、開花後のしぼんだ花とも食用にでき、咲いている花は焼酎につけると保存できる。台湾ではスープの具として使われる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


先日の吟行会の課題【花】で、私が選んだ句
月下美人いのちみじかし罪深し(西代みなみ)
………も記憶に新しい。


課題『月下美人』の川柳と俳句を集めてみた。


~川柳~
【月下美人】

月下美人たった一人の祭り跡(あきたじゅん)
花開く月下美人と酒を酌む(佐藤 賢爺)
臨月の月下美人を許されよ(四分一周平)
月が出て月下美人が帯を解く(小島 仁)
月下美人あなただけとの秘密の夜(国吉司図子)
見忘れた月下美人に詫びを言う(下地 安子)
月下美人一夜限りの恋に酔う(名嘉真宣儀)
月下美人今夜限りの化粧する(井上 美村)
妻の留守月下美人が今開く(伊藤 秀)
月下美人咲いたニュースは散ってから(宮本 次雄)
明日の晩月下美人が咲くと言う(中島てる世)
月下美人の恋は一夜で燃え尽きる(西尾芙紗子)
刹那の罪 月下美人に問うている(さわだまゆみ)



~俳句~
【月下美人】(季語=夏)

寝てる婆たたき起こして月下美人(丸雅 建)
月下美人ゆうべ咲かれてしまひけり(つつじ千枝)
花開く力に月下美人揺れ(藤本 三楽)
咲くための吐息香となる女王花(稲畑 汀子)
仙人掌の針の中なる蕾かな(吉田 巨蕪)
ふくらめる月下美人を預れり(右城 暮石)
今一度月下美人に寄りて辞す(森田純一郎)



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]

by ringo-utahime | 2015-09-17 06:30 | 川柳(課題別) | Comments(6)

Commented by h82261765 at 2015-09-17 13:50
やっぱ川柳の方がエロいな。
でも
人間らしくて好きですが(笑)
Commented by りんご詩姫 at 2015-09-17 14:49 x
清展さん、ありがとうございます。

月下美人の句は、川柳も俳句もまだまだ少ないですね。
実際に見たことある人が少ないってことなのかも判りませんね。

(^o^;)
Commented by 月波与生 at 2015-09-17 18:30 x
月下美人たった一人の祭り跡(あきたじゅん)

あのじゅんさんがこんな句を作っていたとは
Σ(゚д゚lll)
Commented by ringo-utahime at 2015-09-18 00:20
与生さん、ありがとうございます。

あきたじゅんさんの句は『第32回全日本川柳2008年福岡大会』の課題「祭り」の「秀句3」でした。

( v^-゜)♪
Commented by 陽花 at 2015-09-18 15:30 x
実家に月下美人があって、一度だけ咲いたのを見ました。食べられるんですか!?ううむ・・・一度酢の物とかで食べてみたい気もします。
食べる方に気持ちがいって月下美人の川柳・・・浮かばない・・・(^_^;)
Commented by りんご詩姫 at 2015-09-18 16:21 x
陽花さん、楽しいコメントありがとうございます。
月下美人、私も食べたことはありません。
友人は、いつも食べてるらしいです。彼女の家には、大きな月下美人の鉢があるらしく、一気に30ほどの花が開く夜もあるそうです。「いっぺんにたくさん咲いたら、まったくもって風情がない」と笑ってました。確かに………。

f(^_^;