川柳と脳のはたらき〈巻頭言〉

このところ《川柳みやざき秋季号》
私の巻頭言「川柳と脳のはたらき」を読みたいという
問い合わせやリクエストが多い。
嬉しい悲鳴というやつだ。

たいした文章ではないので恥ずかしい限りだが、
せっかくなので下記に紹介したい。

※横書きのエッセイは読みづらいので、
原文に数ヶ所の改行を加えておく。

e0322827_09412103.jpg


川柳と脳のはたらき        さわだまゆみ


川柳には「シニア世代の趣味」というイメージがつきまとう。

書店の専用コーナーには「シルバー川柳」「還暦川柳」「健康川柳」「介護川柳」「お葬式川柳」などの本が並べられ、昨今では「転倒予防・詐欺予防川柳」など高齢者を対象にしたピンポイントの募集川柳も増加傾向にある。

川柳を始めた動機を訊かれると、冗談めいて「ボケ防止(認知症予防)」と答える方はとても多い。
果たして、川柳は本当に認知症予防になるのだろうか。

今から四年前、脳神経科学の専門家で諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授が「川柳と脳のはたらき」についての調査をされた。

特殊な装置を使って、被験者が川柳を考えている時に《脳のどの部分が活発になるか》を測定するというもので、左脳と右脳を比べると、大きな変化の顕れる場所が左脳に二ヶ所見つかった。

一つ目は「前頭前野」。記憶や情報を一時的に保持し組み合わせて答えを出す部分、つまり頭を使うことで活動を高める場所である。年をとると衰えやすいといわれる前頭前野が、川柳をひねることで活発になることが判った。

二つ目は、前頭前野のやや後ろあたりの「側頭頭頂接合部」で、想像力に関係する場所。比喩表現の理解や言葉の意味を二重に使ってみることなどで、この部分の活動が高まることが認められた。

実験の結果「川柳に親しむことは、脳のはたらきの低下を予防し、認知症予防につながる」と考えられた。
川柳は脳トレになり、ボケ防止の効果があるのは事実といえる。

川柳の魅力は、佳句をひねりだした時の充実感、日常生活の憂さを晴らす、嫌なことがあった時の気分転換などの他に、「若さを保てること」が挙げられると思う。

見つけ(句材・発想・着眼点)を探して常に身のまわりに目を向けることが求められ、日々をぼんやり過ごすことのできない川柳人は、うかうかと老いてなどいられない。

川柳を詠むことで上手にストレスを解消し、自分自身を解放していることも、川柳作家が一様に若く見えるゆえんなのではないだろうか。

「超・高齢社会」に突入した現代の日本人にとって、川柳は必要不可欠なアイテムになってきた気がする。

今後ますます川柳人口が増えることを、大いに期待してやまない。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[PR]

by ringo-utahime | 2016-09-29 09:05 | エッセイ | Comments(0)